【知ってるときっと役立つ管楽器の豆知識⑤】フルートのお手入れ~ガーゼの上手な巻き方編~

こんにちは♪管楽器アクセサリー担当のニシヒロです。

こちらのページでは、管楽器未経験者の私が楽器店で働き始めてから学んだ
「そうなんだ!」
「これ知ってた方が良いよなぁ」
といったプチ情報を不定期で配信しております。

これまでの配信情報はこちら

第⑤回目となります、今回のテーマはこちら↓↓

フルート内部のお掃除~ガーゼとお掃除棒(ロッド)を上手に使おう!~

フルートの一番基本的なお手入れといえば、吹いた後にガーゼを使って管内の水分を取ることです。
管内に付着した水分をしっかりと取り除くことで、カビやサビなどの発生を防ぐことができます。

しかし、いざやってみようと思っても意外と分からないのが"お掃除棒にどうやってガーゼを巻いたら良いのか"という事。
巻き方が緩くて途中でほどけてしまえばフルートを傷つけてしまう可能性もあるので、ちょっぴり不安ですよね...(汗)

そこで今回は『簡単で外れにくい!誰でも上手にガーゼを巻く方法』を伝授いたします!
初心者の方、またガーゼを巻くのが苦手な方はぜひご参考にしてみてくださいませ♪

初心者の方必見!簡単なのに外れにくい"ガーゼの巻き方講座"

①ガーゼまたはインナークロスとお掃除棒(ロッド)を用意します。

②ガーゼを逆三角形になるように半分に折ります。

③左右どちらかの尖がった部分をお掃除棒の穴に2~3cmほど入れます。

④穴に入れた布の重なっている部分を開き、お掃除棒のテッペンを覆うように反対側へかぶせます。

⑤残っている方の布も重なっている部分を開き、先ほど棒のテッペンに被せた布を上から覆うように反対側へ被せます。

 ※④で被せた布が外れてしまわないよう、できるだけふわっと緩めに被せましょう。

⑥片方の手をガーゼに軽く添え、もう片方の手でお掃除棒の下の方を持ち、棒をクルクル回しながらガーゼを巻いていきます。

⑦外れにくいお掃除棒withガーゼの完成です!

あとがき

いかがでしたでしょうか。
説明が分かりずらかったら申し訳ありません...。

なにか分からない点などございましたら、お気軽にお店のスタッフまでお問い合わせくださいませ♪

それでは、また次回お会いしましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。