ストラップロックっていくつか種類があるけど結局何がいいの?を検証してみた。

皆さんこんにちは!ユーカリが丘店ギターアクセサリー担当、内山です!

と・・・そんなわけでわたくし、数々のギターアクセサリーを試し、ギターアクセの神を愛し!神に愛された女・・・
とまではいかないですが、担当ということで、色々好きで買っては使っているわけなのです。

だがしかし!ストラップロック・・・!!これだけは使ったことがない!!!

一概にストラップロックといっても色々種類がありまして・・・

シリコンみたいなゴムで出来ている、べちっとはめるだけの簡素なやつ。

画像

プラスチックでくるっと回して固定する安いけど割と使えるやつ。

画像

もう絶対にギターの落下なんてさせてやんねえぞッ!って感じのやつ。

画像

の3種類に大体分類されるわけです。
上2つの安価&簡素なタイプは持っていて、割と使ってたんですが。

3つ目のストラップロックといえばこれでしょと言わんばかりの
ガチガチのパワータイプストラップロック。これを使ったことがないんですよ!
(ストラップピンごと付け替えなきゃいけないのでめんどくさかったとかそんなことは決して)

更にいうとこのタイプ、メーカーごとにストラップを外すときの動作が違うので、そこもストラップロック購入者を悩ませるどつぼとなっているわけです。(私の勝手な思い込みですが)

なので今回はこのストラップロックをメーカー別に3種類試してみます!

Schaller(シャーラー)

画像
さっきの、木に取り付けられていたお団子3兄弟の長男(一番上)、シャーラー君。

見た感じ・・・

「どこをどうしたら外れるんだ!押しても引いてもうんともすんとも~~!」
って感じですよね。わかりますその気持ち。

こいつはてっぺんのまるいところを引っ張るとちょっとカクっと浮きまして

画像

浮いている状態をキープしつつ、真横にスッと。スライドさせてみると・・・

画像

取れるわけですね!
戻すときはまた逆の手順ですが、上の部分を引っ張らなくてもカチッとなって元の位置に戻ってくれます。

引っ張りをキープしつつっていうのが、割とピンの部分が固いのでぐぬぬってなるんですけど、結構使いやすそうです。

JimDunlop(ジムダンロップ)

画像
お次はこの子。お団子3兄弟の真ん中、次男坊、ジムダンロップ君。

見た感じ・・・
「押すところは、まあ、わかったとして。そっからどうする?」
って感じですね。では実演!

上のスイッチみたいな部分を押しながら・・・

画像

ぐいっと上へ。すると・・・

画像

なんとびっくり。取れました。(知ってた。っていうのは無しで・・・)
これは本当に簡単&シンプル&使いやすい!
なかなかスマートなベンリーな商品でした・・・!これもいいかも・・・。

HENNESSEY(ヘネシー)

画像
最後はこれ!お団子3兄弟の三男。末っ子ヘネシー君です。

見た感じ・・・
「おっ。これはさすがにわかった。ボタンを押すor引っ張りながら上にあげるやつでしょ!」

・・・騙されたぜ。全然違った。そもそも上はボタンじゃなかった・・・・。
実際にやってみましょう!

上にあげるというところは正解なのですが、引っ張るところがちがったんですね。

画像

指をかけているこの下の受け皿みたいな部分、上に引っ張れるんですよ。

画像

そうするとそのままこんな感じでスッと外れます。アンビリーバボー、ワンダホー。

圧倒的スムーズ。こりゃ便利です。超いいとこどり。まさに末っ子ですね!
うーん。私が買うならこれかもです・・・!

結果。

3種類試してみて、結局出た結論ですが・・・。

ゴム製やプラスチックよりもめちゃくちゃ全然いい!!

やはりがっちり感が違うというのと、ゴム製は取り外し&取り付けが実は結構力が必要で面倒だったりするんですよ。
プラスチック製と比べると頑丈さと安定さも全然違いますし・・・。

木のお試しだんご3兄弟は売り場にありますのでいつでもお試し可能ですよ!
画像

私もせっかく革のストラップ買ったので、思い切ってストラップロック・・・付けてみようかな??
ちなみに今回ご紹介したストラップロック、お値段は¥2,000~4,000くらい。

ストラップが外れてしまって困っているという方や、ライブで超絶大暴れパフォーマンスをする方など。
さまざまなストラップのお悩みをお持ちの方全員におすすめです!

ぜひぜひこの機会にお試しあれ!以上ギターアクセサリー担当内山でした!

お問い合わせ

店舗 島村楽器ユーカリが丘店
電話番号 043-487-4111
担当 内山

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。