横須賀I Love Guitar Fair関連ブログ「石川諒も語りたい」第三回-Kz Guitar Works工房ツアー①-

第三回石川諒も語りたい

こんにちは!
横須賀店ギター・ベース担当、石川諒です。
今回も語りたい案件が発生しました!

というわけで、早速第三回いきます!

Kz Guitar Works工房ツアー

当店シマブロでも何度か紹介させて頂いているKz Guitar Worksの工房に行ってきました!
今回はその模様をお送りいたします。
もちろんギターもオーダーしてきたのでそちらについても紹介させて頂きますよ!

神奈川県逗子市に工房を構えるKz Guitar Worksは当店から電車で約25分という近さにあります。
画像
画像

個人工房らしさ溢れる、「普通の家っぷり」が外観から伝わるでしょうか。
(周囲は普通の家に囲まれています。)

画像
こんな看板も。(今はKz製品以外の修理受付はしていないそうです。)

工房にお邪魔して最初に撮った写真がコチラ。
画像

まさかのバフ掛けのやつ!(なぜ最初がこれなのかは覚えてませんがグッときたんです)
バフ掛けはギターを磨く工程で行います。
稼働している状態なら何度も目にしたことがありますが、止まっている状態のものは初めて見たので写真におさめたのかもしれません(笑)

そして、バフ掛けブースの隣にはセットアップや組込を行うスペースがあります。
画像画像
ここで数多くのギターやKzレッドスペシャルを製作しております。
(現在はレッドスペシャルの製作はしていません。製作に約2年くらいかかるそうで・・・)

こんなものもありました。
画像
Red Specialのネック!
Kz Guitar Works代表の伊集院氏が製作していたRed Special はオフィシャルシグネイチャーモデルとしてブライアン・メイ本人に使用されています。
指板が白いのは「オーク材」を使用しているからだそうです。実に興味深い。



続いて案内されたのがこちらの待合室。
画像
画像

こちらの部屋にはNAMM SHOW2018で展示された個体や出荷待ちの個体がズラリ。

画像画像
この派手なギター(Adam)は直接フリーハンドでペイントされた特別な個体です。
ペイントがはがれやすいためもちろん「Do Not Touch」

待合室にはブライアン・メイにまつわる書籍だけでなく、ご本人もいました。
画像
代表伊集院氏のブライアン・メイ愛を感じますね。

そんな伊集院氏の愛犬、Kz Guitar WorksのSNSでおなじみクロちゃんも待合室にいました!
画像
(一回吠えられましたけど、あとで仲良しになりました。可愛い。)

Kz Guitar Works工房ツアーは続く

ご覧いただいている通り、非常にアットホーム感あふれる工房となっております。
コーヒーも飲めます。素敵。

お伝えしたいことがまだまだあるのですが、
今回はこの辺で!

次回、横須賀店オーダーモデル製作編!

お問い合わせ

島村楽器横須賀プライム店 046-821-0700
語り手 石川諒(いしかわりょう)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。