【横浜ビブレ店】日本最大?!エフェクターイベント「第5回エフェクタービルダーズ・コンテスト」潜入レポート!!

こんにちは、エフェクター担当の徳永です!

3月3日といえば「ひな祭り」の日でもありますが…
3月3日は当店が普段から大変お世話になっている東京エフェクター様主催の「第5回エフェクタービルダーズ・コンテスト」が開催されました!!
画像
当店でも絶賛展開中の日本産エフェクターブランのほとんどが、この「エフェクタービルダーズ・コンテスト」にて優秀な成績を収められております。
そんな登竜門とも言われるコンテストにエフェクター担当の徳永が僭越ながら行ってきました!!
今回はコンテストの模様を簡単にご紹介します!!

コンテスト会場ってどんな感じ?

画像
今活躍している多くのエフェクタービルダーを輩出している「エフェクタービルダーズ・コンテスト」ですが…
実は張り詰めた空気はあまりなく、ゆるっとした空気でエフェクター好きの一般のお客様やエントリーされた製作者の皆さんが楽しく談笑していらっしゃいました。
画像
昨年大活躍され、当店でも絶賛展開中の「Limetone Audio」の今西さんと「KarDiaN」の北田さんお二人のコーナーも設置されていました!!

KarDiaN

画像

Limetone Audio

画像
NAMM SHOWでも話題となった「Free The Tone」の“話題の新作”が展示されていたり!!
画像
東京エフェクターさんで取り扱いされている過去の優勝エフェクター達など、多くのエフェクターが展示されておりました!!
画像
画像
さらにさらに!!コンテスト中には「エフェクター早踏み大会」が開催されており、コンテストとは別に熱い戦いが繰り広げられていました!!
しかも!!優勝すると東京エフェクターさんが取り扱っているエフェクターを1台プレゼント!!!!!
という激熱景品!!まさに熱戦の嵐でした!!

エフェクタービルダーズ・コンテストとは?

画像
今回で第5回となる「エフェクタービルダーズ・コンテスト」
昨年エフェクター界に日本産エフェクターの波を起こした2つのエフェクターブランド「Limetone Audio」「KarDiaN」もこのコンテストにて偉大な功績を残しています!!
日本産エフェクターブランドにとっては、まさに登竜門のような日本最大のエフェクターイベント!!
しかも!このコンテストは完全アマチュア限定となっているため、販売店などでは絶対に見ることできない個性溢れるエフェクターが数多く登場しエフェクター好きにとっては超魅力的なイベントでもあります。

今回のコンテストには以下の方々が審査員として参加されました!!
画像
・FREE THE TONE 中條博文氏
・地下実験室でお馴染み 井戸沼尚也氏
・ザ・エフェクターブック 井坂浩司氏
・Sound Wave Lab 遠藤修氏
・Limetone Audio 今西勇仁氏
・KarDiaN 北田駿一氏

そして!コンテストは以下のポイントを基に順位が決まってきます。

【セールスポイント】

たとえば「どのような理由/目的で作ったのか」また「どのような人に弾いて欲しいのか」そして「この作品で何が出来、弾き手にどう使って欲しいのか」
※おすすめの使用方法が記載されているとさらに良いです。

【作品のタイトル(モデル名)】

モデル名なしというのは、自分の子供に名前を付けないのと同様で、審査員の皆さんの評価がネガティブなものになる可能性が非常に高いです(ブランド名はあってもなくても問題ありません)。

今回のテーマは?

コンテストには毎年「テーマ」を設け、その「テーマ」にあわせ多くのエフェクタービルダー達が珠玉の一台を送り出しています。
そして今回のテーマは…
「ハイゲイン‐High Gain‐」
オーバードライブ・ディストーション・ファズ・コーラスなど…
歪むもの(ハイゲイン)であればなんでもOK!!

いよいよスタート!!

画像
さぁ!コンテスト開始です!!
オープニングはギタリスト「岡 聡志」さんによる演奏からスタート!!
卓越した演奏技術…まさに圧巻のステージパフォーマンスでした!!
画像
そしてそして緊張の第2次審査!!
東京エフェクター 池田さんと岡さんの御二人によるトーク&デモでスタート!
一台一台、細かくチェックしていきます!
画像
製作者おすすめの設定にして実際に弾いてみたり、岡さんお好み設定で弾いてみたりと…
あらゆる角度からのアプローチでサウンドチェックして行きます!!
見ている私もドキドキでした…

今回のエントリーされたエフェクターの台数は21台!!
かなりの台数ですが、あっという間に2次審査は終了してしまいました…

最終審査スタート!!

画像
ここからは6名の審査員を加えての最終審査になります!!
改めて審査員の皆様をご紹介致します。
・FREE THE TONE 中條博文氏
・地下実験室でお馴染み 井戸沼尚也氏
・ザ・エフェクターブック 井坂浩司氏
・Sound Wave Lab 遠藤修氏
・Limetone Audio 今西勇仁氏
・KarDiaN 北田駿一氏

最終審査は事前に行われた一次審査を乗り越えた6機種にて争われます。
画像
最終審査では岡さんもレスポールやストラト等に持ち替えて演奏され、より細かく審査員も含めチェックしていきます!
また前半の2次審査と違って、製作者の方が製作されたエフェクターのプレゼンをしたり、審査員の方々からの質問などに答えていくため製作されたエフェクターに対する熱意やこだわり等を製作者の方々へ直に聞いていきます。
画像
審査員の方々からは製作者の方への質問だけではなく、プレイヤー目線の意見として岡さんにも細かな質問や演奏法の指定などが出て来るなど、より深く1台1台のキャラクターを引き出していきます。
製作者の皆さんもオススメの設定などをその場でプレゼンしたりと、審査員・製作者関係なく皆さんのエフェクターに対する熱意が私にも伝わって来ました!!!
岡さんの演奏にもより熱が入ります!!
画像
6台の最終審査はあっという間に終了し、いよいよ結果発表へ!!

優勝ブランドは…
っと発表をしたいところなのですが!!!
結果に関しては東京エフェクター様のHPにてご確認ください!!
今回のコンテストに出場されている各エフェクターについても紹介されていますので、ぜひご覧ください!!
東京エフェクター様のHPへは以下よりアクセスできます。

まとめ

今回、私は初めて「エフェクタービルダーズ・コンテスト」に参加させて頂いたのですが、とにかく楽しい!!
コンテストの審査中にもかかわらず、サウンド・コンセプト・名前の由来などを聞いているだけで「あぁ~なるほど!!」っと言ってしまったり、「あるある!わかる!!」なんて思ったり、会場全体でエフェクターと言う魔法の箱について共感しあえる素敵なコンテストだと感じました。
私が言うのもおこがましいですが、是非皆さんも今後の「エフェクタービルダーズ・コンテスト」にご注目頂けたら幸いです。
「エフェクタービルダーズ・コンテスト」最高でした!!!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。