システム構築のしらべ Vol.1 ~必要機材を知っておこう~

画像
プロアーティストのようなエフェクターボードを作りたい!
そんな方必見ですよ!!!
今回はシステム構築をしている成勢が必要なあれや、これやをご紹介します。

何がないとダメなの?絶対に必要なあれやこれ

1.エフェクターボード

画像

これは言わずもがなですかね。笑
しかしエフェクターボード選びが肝心なんです。
なぜかと言いますと、たくさんのエフェクターを入れて、配線をして…となると重くなりますよね。
そうすると普通のエフェクターボードだと歪んでしまうんです。
そこでシステム構築でよく使用されるのはアルモアのエフェクターボードですね。
システム構築した際はほとんどの場合エフェクターを固定し、パッチケーブルの抜き差しは行わないんです。
それなのでエフェクターを固定しやすく、頑丈なこのエフェクターボードがオススメです!
こんな大きいエフェクターボードも在庫しております!!

2.マジックテープ

画像

写真見にくいですね。笑 すみません。
先程述べた通りエフェクターをしっかりと固定したいわけです。
エフェクターボードも大切ですが、こちらのテープも大切なんです。
システム構築はエフェクターボードとテープで決まると言っても過言ではないです。

3.パッチケーブル

画像

ここは音を左右するところですね。
やはり「システム構築したい」とお考えの方々はいい音を出したいからこそだと思うのです。
だからこそ絶対にこだわりたいポイントですよね。
私はFree the Toneのソルダーレスケーブルが構築時に好んで使用しております。
何故ソルダーレスケーブルを使用しているかはまた次回お話します。
もちろん色々な種類の物も在庫しております!!
画像
(これまた写真が見ずらくてすみません。笑)

4.スイッチャー

画像

こちらも最近では必須アイテムとして雑誌に取り上げられることが増えましたね。
操作性の向上だけでなく、音にも大きく影響してきます。
Free the ToneのARC-3は現状出ているスイッチャーの中で1番優秀なんじゃないかと思ってます。(完全に独断と偏見ですが)
スイッチャーを通すことにより直列時よりもケーブルは多く使用するためすべてオンにした際に「音痩せするのでは?」と疑問に思われる方も
いらっしゃると思います。原理的には間違いないですね。
スイッチャーによっては上記のことが起こりうる可能性はあります。
Free the ToneのARC-3はないです。だからすごいんです!!!
商品の説明は店頭でしますのでお問い合わせください!
スイッチャーが必要なのはエフェクターを並列化出来ることが大きいでしょうね。クリーントーンサウンドが大幅に変化しますよ!
余談ですがトュルーバイパスでも例外でなく音は変化します。トュルーバイパスは変化が少ないという認識の方がいいかもしれません。

その他あると便利グッズのご紹介

画像

こちらはケーブルをまとめるためのバンドとバンドを固定するやつ(名称がわからないです…)です!!!
エフェクターボード完成時の見栄えが大きく変わることと、ノイズにも強くなったり…結構いい事あるんです。

画像

続いてこちら!
エフェクターの土台です。これ意外と便利なんです!
どう考えても入らないエフェクターがすんなり入りますよ!エフェクターボードのサイズ感を小さく、でもたくさんのエフェクターを入れたい方必見です!

最後に

まだまだ紹介したいものや情報は多々あるのですが超大作になってしまうためVol.1はここで終わりです。笑
気になる商品はありましたでしょうか。
「まだ商品のことを知りたい」などありましたらお気軽にお問い合わせくださいね!
また私自身が構築させていただいたエフェクターボードたちです。是非ご覧ください!

次回は「システム構築する上で知っておきたいいろは」のお話をしようかと思います。
是非お楽しみあれー!!!

店舗 横浜ビブレ店
TEL 045-314-5255
エフェクター構築担当 成勢(なるせ)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。