横浜ビブレ店ドラムペダル叩き比べ大会 Part.1

こんにちは!ドラム担当伊藤です!
以前はスティックについてご紹介しましたが、今回はドラムペダルを叩き比べてみようと思います!

【過去記事:ドラムスティックについて(入門編)】

画像

まずは
YAMAHA/9500CとTAMA/HP910LSです!
デザインですがYAMAHAは武骨な感じがあっていいですね。
TAMAは言わずと知れたspeed cobra、スタイリッシュです。
画像
試打の結果…
9500Cは見た目通りの感じでした。
打感はしっかりしつつ適度に軽いです。
HP910LSはとにかく軽い!
踏み心地も軽いし打感も軽いです!
早いフットワークを要求されるジャンルで大活躍してくれるはず!

次は
Pearl/P-2100CとP-3000Cです!
どちらも光沢がありメタリックでかっこいいです。
ドラムメーカーの大御所、Pearlの力を見せてもらいましょう。
画像
試打の結果…
どっちもすごくしっくりきました!
しっくりくるという表現はレビューとしてどうなのというお話もありますが、踏み心地、打感、ボードの広さ含めすごく丁度いいんです。(笑)
2つの違いとしては2100の方が少し軽くて叩いたときに弾力があるイメージでした。
クセがないので、初ペダルにもよいですね。

最後は
DIXON/PP9380です!
この迷路のようなデザイン、かなり好きです。
画像
試打の結果…
踏みやすいです!
踏み心地と打感はほんの少し軽め。
今回紹介したペダルの中で唯一税抜きで1万円を切っているんですが、かなりしっかりしています。
コスパがいいので何かお得感がありました!

いかがでしたでしょうか?

次回は少しコアなペダルをご紹介致します!!
お楽しみあれー!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。