【検証】マイクの音の違い!【ダイナミックマイク編】

マイクを検証する。

画像
マイクと言っても数多くの種類があり、様々な個性があります。
アコースティックギターの演奏をそれぞれのマイクで録音し、違いや特徴が現れるかを検証します。

今回使用するマイク

SHURE SM58

画像

SHURE SM57

画像

AKG D7

画像

audio-technica AE4100

画像

SENNHEISER e935

画像

SENNHEISER e945

画像

使用する機材・環境

今回この形で録音します。
画像

インターフェイス

YAMAHA UR22mkⅡ

アコスティックギター

Martin D28

普段はレッスンを行っている店内の防音室で録音します。

検証動画

早速聴いていきましょう!

SHURE SM58

まずは定番のSHURE SM58です。

感想としては、まぁ可も無く不可も無くですね!若干こもった感じがしてしまうのは仕方ないですね…。
ただ耐久度も高く扱いしやすいです!もし初めての1本を買うのであれば選択肢の1つで間違いないですね!

SHURE SM57

続いて同じくSHUREからSM57です。

こちらはSM58と比べて若干抜けは良いと思います。ライブハウスではアコギやギターアンプ等で良く見かけますよね!
最近ではボーカルで使用してる場面も増えてきていますね!個人的には2本目として欲しいです。

AKG D7

次はAKGのハンドマイクでD7です。
このマイクはボーカル用として使用される事が多いですが今回は試しでアコギを録音してみました。

ん?意外と抜け良くて良い!!見た目は好き嫌いありますが、バランスも良く聞きやすいですね!!
これは意外とありです!!

audio-technica AE4100

次はAE4100です!このマイクは男性向けボーカル用マイクとして出ていますがどうでしょう…。

おっ!抜けが良い!これは使えますね!!もし持ってたらボーカル用で使いますがアコギ用としてもいいですね!!
他の楽器とMIXした時になじみそうですね!

SENNHEISER E935

僕が好きなSENNHEISER来ました!E935は僕の友人も使ってるマイクです!ボーカル用としてですが…
まぁ聴いてみましょう!!

うーん。どうでしょうか。個人的にはハイがきつい気もしますがMIXをしてないのでこんな感じなのかな?やっぱり男性が歌うと抜けが良いように帯域をセットしてあるのかな?若干ハイ切ればよくなりそう!
そこの男性ボーカリストはこのマイク試しに来てみて!!

SENNHEISER E945

さぁ。僕が持っているマイクの中でも1番好きな機種です!E945!!
これはどうだろう。これも個人的には歌を録音する時に好きなのでギターに合うかは実際試してみましょう!!

んー。やっぱシャリっとしすぎかな?でも録音してる時は抜け良かったんだけどなー。
ただ個人的な感想としてはギターリストは好きなんじゃないのかな!?って感じです(笑)
やっぱり感度が良すぎるのかなー。使い方次第ですね!

結果・まとめ・感想

いかがだったでしょう!いやぁ。こう違いが分かると楽しいですね!!
マイクにも個性があって音が違いますよね!適当に選ばす実際に横浜ビブレまで試しに来てください!こんだけマイクあるんです!

画像

スタッフ達と一緒に選びましょう!!

これ、完成するまで結構大変でした。いや本当に。
今回録音手伝ってくれたアコギ担当の余くん!本当にありがとう!!
画像
次は何を試してみよう…。考えときます!!
もしマイクの事で分からない事や不明な点があったらお気軽にご相談下さい!
今回担当したのはデジタル担当の湯田でした!
画像

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。