KEMPERセミナー後試奏会レポート!

みなさん!こんにちは!

島村楽器四日市店 ギター担当 伊藤です。

11/24KEMPERオンラインセミナー後、さまざまなメーカーのギタープロセッサを集めまして、試奏会を行いましたのでレポートいたします!

当日の会場はこんな感じ!

機材がたくさんあるぞ

今日は主人公のKEMPERくん。




左から GE300, HX Stomp, Axe FxⅡ, KEMPERと並んでおります。

値段の差はあれど、どれも各メーカーの意欲作。

私自身はFractalのAxe Fx2を使用していますが、ずっと比較はしてみたかった!!

どれも違った良さがあるんだろうな~と考えながら、試奏会に望みました。

さぁ!弾いてみよう

セミナーが終了し、「今すぐ弾きたい!試したい!」という気持ちを抱きながら試奏会に突入。

弾いてみた順番にレビューしています。

KEMPER PROFILING RACK

今日の主役。

弾いた感想としては、音質の感じは予想通りめちゃくちゃ良い!

ですが、それ以上に印象に残ったのはすべきは弾き方へのレスポンスが非常に素晴らしいことでした。マッチレスのクランチっぽい歪み具合のRigで試したときに一番顕著に感じたのですが、E弦の開放をバーンと鳴らしたときの、「ギャロ!」「デュワ!」と歪みが裏返る感じ(なんていうのこれ)が非常に良い!強弱をつけて弾くのが楽しくなりますね。弾き手の強弱にかなり忠実に反応してくれているのは非常に良いことです。

弾き手の強弱に追従した反応をしてくれない機材で練習していると、ずっと強く弾き続ける癖がついてしまうことが多いです(私もそうでした)。KEMPERのような機材は弾くだけでも練習になるという事を実感しました!。セミナー内でもボリュームの追従性がが良いことに触れていましたが、それも納得。

これはよいものだ! 

MOOER GE300

すっきりした音色で、使いやすそう。というのが第一印象。率直に言うとKEMPERを弾いた後なので、出音の情報量が少ないように感じました。特にFender系の音色ではその傾向が顕著です。

ハイゲイン系の音色に関しては、「すっきりした感じ」という印象はありましたが結構いい感じの音が出せたと思います。

これでお値段8万円ならかなり良いですね。

比較していなければ「めちゃくちゃいい音」で終わっていたと思いますが、比較したからこそ分かるKEMPERのリアリティ、GE300の使いやすさがあると思います。個人的にエディットのしやすさは一番だと思います。初めて触ったのに音作りが普通にできる&液晶がフルカラーでめちゃくちゃ見やすい。

LINE6 HX Stomp

やはり、コンボ系のアンプは非常に良いと思います。音質はLINE6特有の感じが少し出ていますが、弾いていて違和感はありません。

ハイゲイン系に関しては、モデリング数がもう少し多ければ満足、という声もありました。エディットに関しては少し慣れが必要だと思います。タッチセンシティブ機能等は、使いこなせば武器になると思います。

それにしても小さい。これで音作りが完結させられたら本当に楽ですね。可搬性は本当に大事です。大きく思いラック機材を持ち運ぶのは本当に体力が必要ですから。小さい筐体にたくさんの可能性を詰め込んだHX Stompにこれからも目が離せません!

FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe FX Ⅱ

神です。Fender系クリーン、ハイゲインからクランチまで、一級品の音が出ます。個人的には、アンプをいじっている感じはKEMPERよりもAxe FXⅡに分があると感じました。

特にフェンダーのブラックフェイス(デラリバ)等のアンプはマスターボリュームによって歪み具合が変わりますよね。Axe FX Ⅱはそういった特性も実機に忠実に再現していますので、アンプのつまみをいじる感じで歪み感を調整することが可能です。対して、KEMPERのプロファイリングはアンプのゲイン、EQ、マスターボリュームの状態などを決めた状態をコピーするため、リグのGainやEQはいじれるようになっている物の、それは実機の反応に忠実なものではなく、KEMPER独自の物になってしまいます。KEMPERのMASTER VOLUMEは純粋に音圧レベルを上げるためのものだとセミナー内でも言っていましたね。その他、様々なルーティィングを簡単に構築できるのがAxe FXⅡの強みです。選択肢が多いがゆえに、「私には難しそう敷居が高そう」と考える方も多いようですが、この機材でいい音を楽しむ敷居はかなり低いと思います。本当にすぐにいい音が出る。

圧倒的2TOP! Axe FXⅡとKEMPER

4機種弾き終わったところで、お客様の興味は完全にこの2機種に絞られました。

音質とアンプ特有のレスポンスだけに注視すれば、間違いなくAxe FXⅡとKEMPERが2TOPです。

感想をまとめるとこんな感じ

KEMPER :アンプの良い部分も悪い部分も出ている感じ。毛穴まで写るくらい画質の良い写真のようなリアルさの音。

Axe FXⅡ:完成された音。リアルさでKEMPERに劣るというわけではないのだが、非常に耳触りが良い音がする。実写と見間違えるほどリアルなCGみたいな音。

…これは形容しがたい。置いてあるお店が近くにある方は実際に弾くのが一番早いです。

実際の会話はこんな感じでした(Fender デラリバrig&モデリングでの比較)↓

__________________________________________

KEMPER試奏後…

お客様「良い。KEMPERのほうがちょっとリアル志向なんですかね?」

伊藤「たしかに、昔のAxeはすっきりとした使いやすい音だったから…。ファームウェアがAresになってもその傾向はあるのかも。だいぶリアルになったと思っていたんだけど…」

お客様「う~ん、ちょっとAxe弾いてみてください」

伊藤「あい」

Axe FxⅡ試奏中…

お客様「いや、めっちゃリアルっすね…」

伊藤「確かにKEMPERと少し違いはあるかもしれないけど、リアルさという物差しで優劣を付けれない違いですね…」

お客様「なんだろう、完成された音?」

伊藤「いい音には違いないとしか…う~ん」

お客様「ちょっとKEMPER戻ってみません?」

伊藤「よし来た」

※最初に戻って繰り返す

___________________________________________

と、当日はこんな感じで、2TOPの比較検証で試奏会が幕を閉じました。

試奏の結果から、批判を恐れずにはっきりと言いきりますが、

音質とアンプ特有のレスポンスを求めるのなら、KEMPERとFractal以外の選択肢は妥協でしかありません。これはGE300とHX Stompが悪いと言っているのではありません。GE300にはエディットのしやすさやTone Capture機能がありますし、HX Stompにはこの中では一番の可搬性があります。両方ともライブユースや現場対応力を考えたときにこそ輝く機材だと思います。そもそもコンセプトが違う機材なのです。価格帯も違うため、それを考慮すればすべて素晴らしい機材です。この機能と音で8万円代で販売できるのはメーカー様の技術と努力があってこそです。

それらを踏まえた上で重ねて申し上げますが 音質とアンプ特有のレスポンスを求めるのならKEMPERとFractal以外は妥協です。そう言い切るぐらい圧倒的です。

結局どれがおすすめ…?

これも結論から申し上げます。

伊藤が皆様にお勧めするのは

KEMPER PROFILER STAGEです。

ライブ活動、レコーディング、練習。すべての音楽活動に費やす時間がさらに楽しくなること請け合いです。お気に入りのRigさえ見つけちゃえばあとは楽しむだけ。手軽に一級品の音が手に入る!

以外にもおすすめ出来る層は、、、

「昔は結構やってたので音にはこだわりがあるんだけど、今ではお家でつま弾いているくらいさ。」というお父様方!!!

お家で弾くのなら、ライブユースを考慮しなくていいわけですから、選ぶポイントとしては音質と弾き心地になってくるわけです。そうすると一番良い選択肢はAxe FXもしくはKEMPERになってくるわけですが、KEMEPR PROFILER STAGEは何といってもお値打ち!

ブランド 型名 販売価格(税込)
KEMPER PROFILER STAGE ¥229,680

机の引き出しの奥やベッドの下にに隠せるので奥さんに見つかりません!!!!

お気に入りのRigさえ見つけてしまえば、あとは楽しむだけ。Rigを探すのもKEMPERの楽しみの一つです。

興味あればお問合せください!

でも伊藤が使うのは…?

あたりまえだけどFractal

思い入れがある&金がないので買い替えれないし買い替える気もない。

嘘ですほんとはⅢほしい

ブランド 型名 販売価格(税込)
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe Fx Ⅲ ¥385,000

以上でレポートを終了いたします!またいろんなイベントの情報をお伝えしていきます!

何か相談事等あればお気軽にお問合せください。

この記事を書いた人

名前 伊藤 拓哉(いとう たくや)
プロフィール 高2の時に島村楽器四日市店で安いギターを購入し、それを機に人生の全てが狂い始める。高校生の時はギター練習しすぎて危うく留年しかける。その後大学に入学して音楽の研究をしていたが、ちょっとミスって留年しかける。その後プログラマとして働き始め、残業代で機材を買いまくっていた。欲しい物を大体買い尽くしたので退職。その後島村楽器四日市店で働き始める。普段はおやつを食べて暮らしている。
所有機材 Fractal Audio Systems Axe fx2 , PRS custom24,PRS MIRA ,T'sGuitars DST-spiderその他いろいろ
好きなギタリスト(敬称略) ガスリーゴーヴァン、アンディティモンズ、ヌーノベッテンコート、Andre Nieri、大和 他にもいろいろ
好きなバンドとか Life In Your Way、WANDS、LITE、BUMP OF CHICKEN その他いろいろ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。