やちみど通信vol.2 ドラムスティック選びを楽しもう~太さと長さにこだわる編~

皆さま、こんにちは!

八千代緑が丘店のドラムアドバイザーこと岩佐です。



ドラマーらしく皆様の日々のドラムライフが充実するようドラムの情報を中心に話していきたいと思います。



ちなみに「やちみど通信」は私が命名したのですが、金子さんからは安直だと一蹴されてしまいました...

シンプルでわかりやすいのが一番ですよね!



さあ今回は、ドラマーの命!そして必需品であるドラムスティックについて。



初めてのワンセット選びの紹介は良く目にするのですが、2セット目3セット目の選び方の紹介が少ないように思ったので、ステップアップした内容を何回かに分けてご紹介していきます。



エピソード1、ドラムスティックの長さと太さにこだわる編

ドラムスティックって良く見てもらうと長さと太さがそれぞれ違うんです。



長さを「全長」、太さを「径」と呼んでいて、スティック本体やスティックに付いているスリーブに詳しく数字が書かれています。



(違い伝わってますかね?)



スティックの長さと太さは体格とか手のひらの大きさに合わせて自分にあったスティックを選ぶ基準にされています。



ですが、この太さと長さにはそれぞれメリットデメリットがあって、



スティックが長くなる、太くなるにつれて、叩いたときの音量を稼ぎやすくなる



スティックが短くなる、細くなるにつれて、細かなコントロールをしやすくなります。



例えばドラムの音が小さいと言われる方はいつもより太めのものを選んでみたり



早いテンポの曲が苦手、タム回しや細かなフレーズが苦手な方は短めのものを選んでみましょう。



他にもロックな曲を演奏するのか、吹奏楽やオーケストラなど演奏ジャンルで選ぶのもありですね。



少しずつドラム演奏がレベルアップしてくると様々お悩みが出てくると思います。



そんな時はドラムスティックをこのような選び方で替えてみてはいかがでしょうか?



次回はスティックのチップ(先端)について詳しく見ていきたいと思います!



この記事を書いた人

ドラムアドバイザーの岩佐です

ドラム歴10年以上。社内認定資格ドラムアドバイザーを取得。皆様の音楽ライフを豊かにするべくサポートさせて頂きます。




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。