【体験談】トランペット教室の体験レッスンを受けてみた。

こんにちは☆
スコア担当の山口です。

先日、音楽教室の体験レッスンを受けたので、そのレポートをしたいと思います!!

私は学生時代、吹奏楽部でトランペットを吹いていて、社会人になってからもビックバンドで活動をしていました。
しかし現在は家事と育児(と少し仕事)に追われる日々で、楽器に触ることは全くありません。
おそらく7~8年は吹いていないと思います。

トランペット教室の体験レッスンを受けてみました!

島村楽器イオンモール八千代緑が丘店のトランペット講師は林沙希先生です。

画像
向かって右が林先生です。

まずはマウスピースでウォーミングアップ☆彡
久々のマウスピースの感覚にドキドキしましたが、なんとか音も出ました。ほっ。

次は楽器本体で音出しです。
先生から「どんな音なのか聞かせて下さい」と言われ、ド緊張です。

画像
まずは音出し・・・

へろへろ~っとした音しか出ず、我ながら情けない( ノД`)シクシク…
すると先生からすかさず「息を深く吸ってみましょう」とアドバイス。

画像
先生のカウントに合わせて息を深~く吸って・・・

!!!!!
音が変わった!!!!!
呼吸を少し変えただけで、音色と音量が全く違うものになったと同時に「そういえばこんな感じだった!」と感覚が甦りました。
先生の一言でこんなにも音が変わるんだ、やっぱりプロに教わると違うんだなぁ~と実感です。

先生によるとやはり管楽器は呼吸が大事!!とのこと。
自分で腹式呼吸を意識してやらなければ上手く音が出ないのです。
なので次は腹式呼吸を意識する方法です。
👇👇👇

画像
上半身を倒して腰に手をあてます・・・

大きく息を吸って・・・・・。
すると背中に空気の入る場所が!!(実際は肺に入りますが、腰あたりを触ると膨らむ箇所があります)
姿勢を元に戻すとあまり感じなくなりますが、そこ(膨らんだ箇所)を意識して呼吸をするといいという事です。

画像
ここら辺に空気が入ります・・・(手を添えているあたり)

画像
徐々に体を起こすと感じにくくなりますが、そこを意識しましょう

トランペットを吹くときに大切なのは、呼吸!!と改めて実感した体験レッスンでした。
思えば楽器を始めた頃からず~っと「呼吸が浅い!」とか「音が小さい!!」と言われ続けてきたのに、数年経つとその記憶もすっかりなくなるものなのですねぇ・・・。

体験レッスンを受けてみて、楽器を始めるならちゃんとプロに習った方がいいな、と感じました。
我流でやっても楽しいしそれなりに上達はしますが(ダメだしされないし)、ちゃんと基礎をつけた方が後々のためにはいいと思います。

次にトランペットを再開するときには、林先生に教わったことを活かして復帰したいと思います!!

トランペットを習おうかなとお悩みのときは・・・

当店にてトランペット教室が木曜日に開講中!
こちらのブログに登場した、林 沙希(はやし さき)先生のレッスンが受けられます。
詳しい、講師紹介ページか下のリンクからご覧ください♬

体験レッスンに申し込んでみませんか?

楽器未経験の方、経験者の方、ブランクが長い方、どなたでも安心して通えるオーダーメイドプログラムのレッスンとなっております。
体験レッスンはインターネットでは随時申し込み受付中!
直接店舗にてお問合せも可能です。(営業時間9:00~22:00)

島村楽器イオンモール八千代緑が丘店 音楽教室総合案内ページはこちらからご覧ください。

お問合せ

店舗 イオンモール八千代緑が丘店
電話番号 047-459-8310
営業時間 9:00~22:00
担当 教室担当まで

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。