Roland / BOSS 新製品情報!

皆さんこんにちは!
エフェクター担当の田中です!
HOTLINE…ではなく、(笑)エフェクターといえばBOSS!という方も多いのではないでしょうか。
そんなBOSSから待望の新製品、その名も技クラフト!
画像
もうご存知の方もいらっしゃるでしょう。
スイッチ部に大きく「技」の文字があるデザインが印象的です。

この技クラフトシリーズ、私ひと足先に試奏して参りました!

各モデルを試奏してみた感想もまじえつつ、紹介していきますね!

BD-2W

画像
BD-2といえば定番中の定番のオーバードライブですね。
今回、技クラフトシリーズのひとつとして更にパワーアップ!

大きな特徴のひとつとして、スタンダードとカスタムを切り替えられるスイッチがあります。

スタンダードはオリジナルのBD-2を再現した音で、アタックがしっかり出る、音の輪郭がはっきりしている、といった馴染みのある音でした。
カスタムはというと…
スタンダードより粘り感のある、より太いサウンドが得られました!
ストラトでさせてもらったのですが、ノイズは非常に少なかったです!
これも重要なポイントですね!

続いては

SD-1W

画像
ブースターとして使われることが多いSD-1。
こちらも切り替えスイッチで多彩な音作りが可能です!

スタンダードは これぞオーバードライブ! って感じの音でした。(笑)
まさに! といった感じです。
カスタムは…
よりパワーのある音!
レンジも広くなり、ゲインもUPしました!

ではブースターとしてはどうか?
試してみました!

今回はBD-2Wをブーストしてみたのですが…最高です!
音が潰れることなく、しっかりとブーストされて迫力のある音が得られました!

むむ、さすが。

そして3つ目は

DM-2W

画像
これ覚えてますか!?
BOSS初のアナログディレイですよ!
生産完了していましたが、この技クラフトで復活です!!

これも切り替えスイッチ有です!

まずはスタンダードから。
アナログディレイならではの温かい、丸みのある音が心地良かったです。
この甘い音がたまらないんですよねぇ。
カスタムにすると…
とにかくディレイタイムが長い!とにかく長い!
レンジも広くなり、音も少しクリアな印象を受けました。

スタンダード、カスタムともに使いやすい音だと思います。
個性がないのが個性というわけではないですが(笑)本当にどんなジャンルにも対応できるディレイペダルだと思います。

そして、アナログディレイといえば発振音を思い浮かべる方も多いはず!
やってみました!

発振しやすい!
オリジナルのDM-2よりはるかに発振しやすいです!
しかもエクスプレッションペダルでコントロールすることも可能ということで、演奏性が更に向上しております。

3つ試奏しおえて、BOSSさすがだなぁといったところでしょうか。
即戦力になること間違いナシです!

発売は9月末予定ですのでもうしばらくお待ち下さい!

また商品に関して、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

以上、田中がお伝えしました!
店頭でお待ちしております!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。