【管楽器ブログ】サックス科講師 鈴木響子先生~vol.3~

浦和店所属管楽器ブログ第3弾!

第3弾はサックス科の鈴木響子先生です。

生い立ち

滋賀県生まれです。

琵琶湖のほど近い所に実家があります。マザーレイク琵琶湖、です。

母親がピアノの先生で歌とクラシックをこよなく愛する人でした。
小さい頃からピアノを弾かされ、車に乗ればBGMは母お気に入りのクラシックメドレー、夜の台所ではご機嫌に歌う母の姿。そんな家で育ちました。

ただ、反抗的な子供だったのでピアノもクラシックも大嫌いでしたね。よくピアノの練習をサボって怒られてました。

小学生時代

小学校に入りたての頃、初めて運動会で見たブラスバンドのマーチング演奏に衝撃を受けて、学校のブラスバンド部へ入りました。それが初めての吹奏楽器(トロンボーンでした)との出会いです。自分で吹くことももちろんですがみんなと合わせるのがただ楽しかった時期です。

初めてサックスを吹いたのは転校した小学生4年生の秋。学校にブラスバンド部は無く、でも楽器がやりたいと別の小学校でやっていた吹奏楽クラブに入ったんですがそこで担当になったのがサックスだったんです。テナーサックスでした。

…本当はトロンボーンやりたかったんですけどね。希望の楽器にならないのはもはや吹奏楽あるあるですかね。

中学生時代

学校に吹奏楽部はあったものの、背が高いという事(だけじゃないかもしれませんが)バリトンサックス担当になりました。

決まった時はメロディがほぼ吹けないベース楽器なんて…と相当ショックでした。重いし首千切れそうだし腰痛いし…しかし重低音の魅力を新発見してすぐに大好きになりました。ただ中学最後の年の前にまた転校となり、しばらく吹くことはなくなります。

…その後転校先の吹奏楽部で半年アルトクラリネットを吹きながら音楽科を受験するため家でアルトサックスの受験練習。苦しい時期でもありましたが、何とか合格・進学することができました。

高校時代

朝から晩までとにかくサックスを吹いていました。音楽科という環境にあったことも大きいですが、何より自分よりも遥かに上手い子達を目の当たりにして"悔しい"という思いのもと、必死になって練習してましたね。まだ学校が開く前に裏口で並んで待っていたり、早弁してお昼返上して練習した時期もありました。

そのおかげでなんとか音大に入れたわけですから、毎朝早くにお弁当を作ってくれた母や高校時代の同級生、そして師匠には感謝しかないです。

大学時代

今でも鮮明に思い出すほど沢山の体験がありました。素晴らしい先生方の生演奏、初めての吹奏楽指導、初海外講習会での迷子、未知の音楽ジャンルとの遭遇、オケへの憧れ、数多失敗の数々…

大学最後の年には大学のビッグバンドへ参加しました。正直ついていくのに必死でヘトヘトでしたが本番の楽しさは今まで体験したどの本番とも違い、高揚感はクラシックと吹奏楽部畑で育った私にとって一番新鮮で魅力的な経験でした。

現在までの活動

大学卒業後は専門店街等の依頼演奏、吹奏楽団やカルテットでのコンサートなど。小中学校での指導なども行っております。

好きなジャンル/レッスンのモットー

演奏も普段聴くものもクラシック、ジャズ、ポップス、ワールドミュージック等好きなジャンルを言えばキリがないですが、最近はフレンチポップスが好きでよく聞いています。クラシック要素がより強い曲や、独特なハーモニーを使うアーティストが沢山いて飽きません。

レッスンに関してはクラシックが専門ではありますが、ジャンル問わず指導を行っております。

音高音大受験対策から大人の趣味、セカンドライフのお手伝いまで。その方に合った指導を行えるように努めています!

使用楽器

本体:セルマーⅢ

クラシックマッピ:コンセプト/ウッドストーン  ジャズマッピ:ゴッツ/ロブナー

音楽教室総合案内はこちら

体験レッスン日程はこちら

サックスコースについて詳しくはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。