【ピアノサロン通信Vol.2】クラシックなハナシ①

こんにちは、浦和店ピアノインストラクターの石森です。

早速2回目の更新となる本日はタイトルにもあります通り、
「クラシックなハナシ」をしていきたいと思います!
クラシック音楽に興味がある方もそうでない方もぜひ最後までお付き合いください。

ブログ後半ではコンサートのお知らせもさせていただいております!

2020年は何の年?

新年を迎え、今年は東京オリンピック開催や嵐の活動休止など…
世間では様々な出来事がすでに予定されていますが、
音楽界において今年はどんな特別な年かご存知ですか?

そうなんです、今年は偉大なるベートーヴェンの生誕250周年という特別な1年なのです!!

現在ピアノサロンに通っていただいているベートーヴェン好きな会員様は、
いつもこんなに分厚い楽譜を使用してレッスンをしています!

※「ヘンレ版」のソナタ集です。楽譜選びについてはまた別の機会にご紹介させていただきます!

余談ですが、私の家のカレンダーも、今年はベートーヴェンがテーマになっています。
お気に入りです!

レッスンでの人気曲

ここで突然ですが、数あるベートーヴェンの作品の中で
レッスンで特に人気のある曲をランキングにまとめてみました。

1位 ピアノソナタ第8番「悲愴」Op.13-2 第2楽章

2位 エリーゼのために

3位 ピアノソナタ第14番「月光」Op/27-2

見事1位に輝いた「悲愴」は、
TV「のだめカンタービレ」でも演奏されていた誰もが一度は耳にしたことがある曲ですよね。
現在ピアノサロンに通われている会員様の中で、この曲に憧れてピアノを始められた方もとても多いです!

実はこの「悲愴」というタイトル、
ベートーヴェンが自ら標題を名付けたとされるとても貴重な作品であることをご存知ですか?
(「悲愴」の他にベートーヴェン自らタイトルを付けたのはソナタ第26番「告別」のみ)

それほど、ベートーヴェンにとってはきっと意味のある作品であったと共に、
作曲者の思いを表現していくことが現世に生きる私たちの使命なのかもしれない…!と石森は日々感じております。

レッスンについて気になる方はこちらのページをご覧ください!

ベートーヴェンイヤーとなる2020年

浦和店では毎年サロン会員様限定の発表会を開催しており、
今年はベートーヴェンイヤーということで、ベートーヴェンの作品を演奏したいという方が現時点でたくさんいらっしゃいます!

もちろんクラシックだけでなく、POPS、ジャズなど
様々なジャンルの演奏をお楽しみいただけます。

またサックスサロンヴァイオリンサロン会員様による
ソロ・大編成アンサンブルも予定しております。
聴いていて飽きないプログラムとなっておりますので、ぜひ演奏を聴きにいらしてください♪
入場は無料です!

サロンコンサートの詳細はこちらをクリック!

それではまた次回の更新をお楽しみに!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。