ドラム科成瀬先生の体験レッスンを覗いてみよう♪

ドラムのレッスンてどんなことをやるの?

皆さん、こんにちは。音楽教室担当の中里です!

今回より浦和店で実施しているレッスンの様子をお伝えさせていただきますのでどうぞお楽しみに!

今回はスタッフの奥貫と一緒にいざ体験レッスンへ!
ちなみに私は管楽器とピアノの経験しかなく、ドラムは初めてチャレンジです。
奥貫は少し経験があるとのことでしたので、遅れをとらないか心配

今回の担当講師は成瀬太智先生!

2018年6月よりレッスンをされています。
お子様から大人の方まで幅広い年齢層の方に人気の先生です!

講師プロフィール

クラシックピアノを3歳、ドラム・パーカッションを13歳より本格的に始める。
クラシックピアノを吉森雅子氏、ドラム・パーカッションを金子安延氏、岡村タカオ氏、萱谷亮一氏に師事。
音楽大学進学をきっかけにドラムを岩瀬立飛氏、JAH-RAH氏、五十嵐公太氏、ひぐちしょうこ氏の各氏にクラシックパーカッションを石井喜久子氏に師事。
近年ではミュージカルサポートやエレクトーンとのデュオなどジャンルの垣根なく演奏をおこなっている。

SamsunCymbals
LosCabosDrumSticksエンドーサー

成瀬先生について詳しくはこちら

早速レッスンスタート!

1.スティックの持ち方

スティックの持ち方ひとつでもポイントがあります。

5本指の中で力を入れて良いのは、親指と人差し指のみ!

2.ストレッチ

次はストレッチです。
よくドラムを叩く人がやっているストレッチを教えていただきました。身体がよく伸びます!

3.練習パットを叩いてみよう!

スティックをまっすぐに置きがちですが、基本姿勢は時計の短い針が4時と7時です。

4.足の動きもプラスしてみよう!!

キックペダルも加えて手と足を動かします。
だんだんドラムっぽくなってきました!

5.本物のドラムを叩きます!

いざ本物のドラムへ!気分はドラマー♪

最後に

初めてドラムに触れましたが、とても少ない力で叩けるのだなとびっくりしました。
先生の優しい掛け声もあり、とても楽しく叩く事ができました。
これから始めようと思っている方、是非1度ドラムを叩いてみませんか?
店頭でお待ちしております!

成瀬先生より

ドラムと聞いて皆さんどんなイメージを持たれますか?
バンドの要!好きなバンドのドラムが好き!シャーンと決めるところがカッコいい!
そんな中でもいざ始めるとなると難しそう…と思ってらっしゃる方も多いかもしれません。
でも大丈夫!!至ってドラムはシンプルな楽器です。
叩くだけで音を出すことが出来ます。
それだけであなたもドラマーの仲間入りです!昔から憧れがある方何か楽器を始めたい方、是非1度体験レッスンに参加して1度生のドラムに触れて体感してみませんか!?
一緒に楽しんでいきましょう!皆様のご来店お待ちしております!

浦和パルコ店・音楽教室のご案内はこちらをご覧ください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。