~ビグスビーB16取付~リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.36

みなさまこんにちは。リペアスタッフ池田です。

今回はビグスビーの中でもまた格別のディテールを誇る「B16」を取付していきます。

これが「B16」です!すごい存在感。。かっこよい仕上がりになりそうです!


取付するギターはこちら。



さっそく進めていきましょう~
ブリッジを外して、リアPUの位置が合っているかどうか確認します。


リアピックアップをブリッジに取り付けます。



エンド部固定用のネジ穴をあけまして。。。



ボディ側もネジで留めて固定し。。。



弦高調整用のネックシムをネックとボディのジョイント部に挟み込み、組み込んでいきます。

*B16はその構造上、ネックシムを挟まないとリアピックアップに弦が当たってしまいます。付属でシムがついていますが、楽器によっては合わない場合もあるので、その際は作る必要があります。
今回はシムも作製しています!


完成後はこのような感じに。


1950年代の雰囲気が出て素敵ですね~♪

ご依頼ありがとうございました!





【リペアブースの稼働場状況等はこちらで確認できます!】

【梅田ロフト店Twitterはこちら!】

【島村楽器リペア総合サイトはこちら

【お近くの島村楽器を探すならこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。