【スタッフ体験レポート】エレキベーシストがウッドベースにチャレンジ!

ウッドベースの体験レッスンを受けてきました!!

こんにちは。エレキベース担当の鳩野です!!

今回はタイトルにもある通り、ウッドベースの体験レッスンを受けてきましたので、レポートしてきたいと思います!!

ウッドベースは専門学生時代に少しだけ教わったことがありましたが、初歩の初歩しか教えてもらっていません。

ということでほぼほぼ初心者です!!

では、本題へ!!

先生の紹介

水曜日:村田 博志

物腰が柔らかくて、すごく優しい先生です!

教室に入ってあいさつした瞬間からもう和やかでかなりいい雰囲気!!

まずは持ち方から

ウッドベースに対してどれくらいの角度で持てばいいか安定するのかを説明してくれました。

先生の言われた通りに構えてみると簡単に今までより安定した構えになりました!

構え方ができたら今度は左手の持ち方です。

ウッドベースはフレットがないので、左手の固定がかなり大事ということで指が等間隔になるように固定します。

エレキベースは7年ほど弾いてきているのですが、手のフォームがまるで違います。

これがかなりキツイ、、、

画像の通り全然できていません(笑)

意識していてもバラバラになってしまいます。

慣れるには時間がかかりそうです

実際弾いてみる

今回、レッスンの中で教わった内容は事前のアンケートで希望をさせてもらったジャズのウォーキングラインを弾けるようにというもの

要望を聞いて教えてもらえるのがすごい良いです!

しかも、今回のレッスンのために手書きの楽譜まで用意して頂いていました!!

イラスト付きで構え方の説明も同じく説明されていてすごく見やすく、先生の人柄の良さが凄く出ていました!!

楽譜の読める私は、4ビートから挑戦!!

最初はメトロノームに合わせてゆっくりかつ、8小節分からスタート

ここで先生からのアドバイス!

「左手は固定するように意識し、バラバラにならないように」

楽譜を読むことに必死でもう最初に教わったことが抜け落ちてしまっていました、、、

こうやって大事なポイントをしっかり伝えてくれるのが凄くためになります。

次はしっかり左手の固定を意識して、挑戦!

何とか形になったら今度は先生も一緒に弾いてガイドしてくれます。

弾くことに必死で、リズムを取ることが難しかったので、安心して弾くことが出来ました!

最後に先生がギターで伴奏を弾いて、プチセッションを!!

違う楽器と一緒に演奏することでジャズらしい雰囲気をしっかり味わうことが出来て大満足!!

なかでも1フレーズだけですが、先生のギターと自身の弾くベースラインが凄く心地よく合った瞬間があったのですが、先生もその瞬間に「いい感じ!!」と声を掛けてくれて、嬉しかったこと、達成感があったこと、自信に繋がったこと全てを感じることが出来ました!!


レッスンを終えて

教わっている時間、実際楽器を弾いている時間が全て楽しすぎて、一瞬で終わりの時間になってしまいました。

この1回のレッスンの中でもポイントをしっかり分かりやすく教えてもらえ、これからどんな練習をすれば上達していくのかを想像できるようになりました!

私のようにエレキベースを普段弾いていてウッドベースに興味がある方、ジャズをやってみたい方にすごくすごくオススメです!!

村田先生、ありがとうございました!!

お問合せ

音楽教室担当 ・田中(たなか)・森澤(もりさわ)・岩下(いわした)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。