【体験レッスンレポート】エフェクター担当がウクレレ体験レッスンを受けてみた

この記事は2017/7/12に投稿したものを移植しております。

こんにちは!梅田ロフト店スタッフの藤原です!

エフェクター担当として、日夜新しいエフェクターの発掘に勤しんでいる私ですが、楽器を演奏するのも、もちろん大好きです。
ギター、ベースなら軽く演奏できるのですが、今回は新たな楽器に挑戦という事でウクレレの体験レッスンを受講してまいりました!!
実はコードを知っていたり、簡単な曲なら弾けちゃうぜってくらいなレベルなので、ちょっと自信を持ってレッスンに臨みました。

もしかして先生に褒めてもらえるのではという淡い期待を胸にいざレッスン!!
まずは先生のご紹介!!

上東 裕嗣〔水・金〕

大人な雰囲気がかっこいい上東先生!自己紹介を済ませ、さっそく先生の演奏を聴かせて頂きます…

あれっ、私の知っているウクレレと違う!!!!

私のジャカジャカとコードを鳴らす演奏と違い、ウクレレが歌っていると表現したくなるような演奏。

これが『ウクレレを弾く』という事だなと、さっそく感動しました!!少しでもこの極意を学ぶべくレッスン開始です!

まずは演奏フォームから!

うぅ…凄く窮屈で何なら弾きにくい…

私の場合、独学で演奏していたので、変な癖がついていました。先生もおっしゃっていましたが、フォームを覚えるのはかなり苦労するそうです。身体に染み付くまで、レッスンの際には必ず最初にフォームのチェックをするそう。ひとまず音を鳴らしてみます。

何とか鳴らせました!正しいフォームで弾くと鳴り方も違う気が…
さらに弾くポイントを指導して頂き、もう一度鳴らしてみます…

明らかに音が良くなりました!!しっかりとボディが鳴って、明らかに豊かな鳴りをしています!

先生にフォームを確認して頂きながら、コードを弾いてみたり単音で鳴らしてみたり…
だんだんフォームにも慣れ、演奏しやすくなってきました!

この後、ウクレレの4弦の使い方について教えて頂きました!
4弦がなぜ細いかというと…そこはレッスンを受けてのお楽しみ!笑

ここはぜひ先生から直接伝授されて下さい!!何故、ウクレレの4弦に細い弦が張られているのかを説明して頂き、なるほどー!
実際に演奏して頂きなるほどー、となりました!その使い方を実践し演奏してみます…

これを知っているのと知っていないのとでは、演奏の幅が全然違うと実感!
なんちゃってウクレレプレイヤーから、真のウクレレプレイヤーへと近づいた気がした一瞬でした(笑)
先生から最初と比べて良い音が出るようになったとお褒めの言葉を頂き嬉しくなったスタッフ藤原でした(笑)
最後に私からのお願いで、先生の演奏をもう一度見せて頂きました!

半端無くカッコいいです!!
ウクレレってこんなにカッコいい楽器だったんだと気付かせて頂きました。
本当にいつまでも聴いていたい、素敵な演奏に感動しっぱなしでした!!

大人な雰囲気と感動する演奏力で本当のウクレレを教えて下さる上東先生のお陰で、真剣にウクレレ教室に通いたくなってしまいました!

上東先生、ありがとうございました!
最後に記念撮影をパシャり!

気軽に始めたいなーという方は勿論、しっかり打ち込める楽器をお探しの方にもオススメのウクレレ!

上東先生のウクレレ教室ならすべてのウクレレプレイヤーに満足して頂けること間違い無しです!!

ウクレレの奥深さを教えて頂き、ウクレレライフを満喫しましょう!!

お問合せ

音楽教室担当 森澤(もりさわ)・田中(たなか)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。