エレキベースを選ぶポイント(ビギナー編)

こんにちは!

ベース担当の鳩野です!!

新年明けましておめでとうございます。

2020年はシマブロも書いていきますので、ちょくちょく覗いてもらえればと思います!!

さて今回は、エレキベースを選ぶポイント(ビギナー編)ということで、鳩野が9か月間お客様と一緒にベースを選んだり、相談に乗らせて頂いたりした中でどんなベースを手にすればいいのかということにフォーカスしてお話していきたいと思います。

予算

ビギナーさんでも中級者でもまずここは1番最初に考えることだと思います。

店頭でもよく、ベースが欲しいけど実際どれぐらいの値段のベースを買ったらいいのか分からないと相談を頂きます。

鳩野の感覚で平均は5万円くらいです。

ですが、高校生、大学生、社会人にもよりますし、個人差がとても出るところです。

まずは、自身のお財布事情を考えてそれに見合う予算を伝えて頂ければ「こんなラインナップから選べますよ!」とご案内致します。

見た目

ビギナーさんがベースを選ぶにおいて最重要なポイントです!

ビギナーさん向けの価格帯のベースには赤、青など様々なカラーリングがある場合が多いです。

店頭にはこんな感じです!

こちらを決めるだけでグッと選ぶ幅が絞られます。

また、店頭にそのカラーが無くても取り寄せできる可能性もあります。

店員に相談して頂ければお探ししてご提案できますので、遠慮なくお伝え頂けたらと思います!

弾いてみた感覚

予算と見た目が決まれば、いざ持ってみましょう!

ここでよくあるのが、「弾けないので持ってみても、、、」という声です。

大丈夫です!!ご安心ください!!

いくら僕ら店員がこれ持ちやすいですよって言ったって個人差があるので、実際にそれがどうかなんて分かりません。

構え方から弾き方はレクチャー致します。

その際に見る点がいくつかあります。

抱えやすいか

ボディのサイズはベースによって様々。感覚的にしっくりくるかを確かめましょう。

ネックが握りやすいか

ネックの握りやすさもベースによって様々。実際に押さえて音を出してみて確認してみましょう。

重さ

ベースは木なので、材によって重量が違います。特に女性は気にする方が多いと思います。

ストラップを付けて立って下げてみることももちろんできます。

音が好みかどうか実際に音を出して確かめてみましょう。

全く弾けないという方は、僕ら店員が弾いて客観的に音を聴いて確認することもできます。

鳩野もオールマイティ―に弾けますので、こんな感じで弾いてほしいとかがあれば、要望にお応えして試奏します!!

テンションが上がるか

もう気分的な問題です(笑)

一番これが大切かもしれません。

実際、ベースの知識がない中で数万円するものを選ぶのは割とハードルが高いです。

見た目にしろ、音が好みかにしろ、総合的に自身が納得のいくベースを手にした方がテンションは上がりますし、ずっと続けていくモチベーションにも繋がります。

自宅に持ち帰ってからも弾こうって思えるベースじゃないと買った意味がありません。

愛着が持てると思うベースを選ぶと良いと思います。

最後に

このような感じで選んで頂ければ、きっとぴったりなベースが見つかるはずです!!

上記以外にも好きなバンドのベーシストと同じメーカーのベースが欲しいとか漠然とした内容で構いませんのでまずは店頭にお越しいただいて相談して頂ければと思いますし、その際、事前にご来店の予定をお電話などでお伝え頂きますと更にスムーズにいくかと思います。

お客様にマッチするベースをお探し致しますので、是非店頭でお会いできることを楽しみにしております!!


お問い合わせ

店舗 梅田ロフト店
電話番号 06-6292-7905
営業時間 11:00~21:00
担当 鳩野



記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。