リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.11~ナット交換します~

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

みなさまこんにちは。

リペアスタッフ池田です。

今回はナット交換していきたいと思いますー


ナットってどこなのか?

という方にはこちらを。写真の中心の弦が乗っている白い部分がナットです~


忘れられがちな縁の下の力持ちさんですね(ギターのパーツは大体そうですが。笑)



何故交換するのか?

それには色々な理由がありますが、修理として受けることが多いのは

「消耗してきている」「張りたい弦の太さと合っていない(太い弦を使いたいけど溝に入らない、細い弦を使ってビビリが出る等)」

でしょうか。



何故消耗するのか?

サドルからナット、そしてペグへと弦を支えてている場所になりますので、

それだけ負荷も大きく、だんだん溝が削れていきます。

また、欠けや割れなどの破損が多い箇所でもあります。

弾く前にチューニングして、緩めて、演奏中もチューニングして、緩めて、

アームアップ、アームダウン、アームアップ、アームダウン

・・・・・・・・

回数なんて数え切れないくらい、弦はナット上を行ったり来たりします!!


こちらは6弦側の外側が欠けてしまったケース↓

他にも、真ん中から真っ二つ!というのも良く見られる症状になります。

そのままでも弾けなくはないですが、ふとした時に弦が落ちてしまったり、変に共振してしまいビビリの原因になったりしますので、破損した場合には交換をオススメします!



ナットに使われる素材としては牛骨が一般的ですが、

象牙・TUSQ(人工象牙)・カーボン・ブラス(真鍮)・水牛角・樹脂、稀にチタン

と結構あります。

えーそんなに種類があったら音も変わっちゃうんじゃないの?

と思ったあなたは鋭いです!

むしろ、音を変えたいから交換するという事も多いパーツなのです(/・ω・)/

きれいな音色で弾きやすく!図解で分かる「ナット交換」


という訳で早速変えていきましょう!!



まずは今ついているものを取り外します。

ボディとの境目に慎重に切れ目を入れ・・・


喰い切りで慎重に・・・


持ち上げます・・・


きれいに取れました。


そうしましたら、

近いサイズの材料を用意します。

今回は牛骨ですー


このままだと溝に入らないので、

厚みを計測して、

溝切りをしていても動かない、きつすぎず緩すぎずな

ジャストなサイズに削ります!


人によって順番はまちまちですが、

ここで池田はざっくりと外形をとります・・・


弦ピッチの印をつけましたらいざ溝切り!


溝の深さが良き感じになったところで、外形を仕上げていきます。


ここまでくると、いつもの感じになりましたね!


ヤスリの番手を細かくして磨いていくと最終的にこうなります。

つやっっつや。


最後に、

接着剤で固定します。

固定している間にほっと一息・・・はありません!今回は!

フレット磨きなどをしていきます・・・


この後弦を張り、セットアップして終了です!

  • 今回の内容:ナット交換
  • ¥8600(税抜)+材料代+弦代




と、セットアップまで終わったところでふと思ったりするんです。

「ナットに光沢って要るんだろうか・・・」

ナット交換のブログなんかを見たりしていると、

「みて下さいこの艶!」みたいな文面が出てくるのですが、

実際みなさんどっちが好きなんでしょう??

TUSQは元々がマットな感じなのでそこまで艶だす感じでもないですが、

個人的には牛骨で艶消しもありかなー(素材によりますが)

とか思ったりするんですけどどうなんでしょう??



悩みは尽きません・・・




はい。

しょーもない独り言でした。笑

マットな仕上げがお好きな方はご依頼時に池田にお伝えください♪


それではまた次回!!

池田でした~


【梅田ロフト店Twitterはこちら↓↓】

https://twitter.com/shima_umeda

【リペアブースの稼働場状況はこちら↓↓】

【修理受付】梅田ロフト店専属ギターリペアスタッフのご紹介

【島村楽器リペア総合サイトはこちら】

ギター・管楽器・弦楽器リペア総合案内サイト 島村楽器のリペア

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。