Steinberg(スタインバーグ)社の譜面作成ソフト「Dorico(ドリコ)」を使ってみた。Part2

皆様こんにちは。ピアノインストラクターの吉武です。

先日ご紹介しましたSteinberg(スタインバーグ)社が出している楽譜制作ソフト「Dorico(ドリコ)」ですが、先日新しいバージョンとなり、新機能が追加されました!

今回はその新機能をご紹介したいと思います。

前回ご紹介した記事はこちらをご覧ください。

Steinberg(スタインバーグ)社の譜面作成ソフト「Dorico(ドリコ)」を使ってみた。

8つの新機能

それでは早速、新機能をご紹介します。

①リアルタイムMIDI入力

MIDIキーボードをパソコンに接続して、テンポ通りに演奏するとリアルタイムで音符が入力できる、というとても便利な機能です。これによって音符の入力が圧倒的に早くなります。鍵盤が弾ける方にはありがたい機能ですね。ほぼ弾いた通りに音符が表示されるので、少し修正を加えるだけで早く入力できます!ただテンポがずれてしまうとそれも正確に拾われてしまうので注意が必要です。ちなみにこの機能は他社製の譜面作成ソフトにも多くあり重宝していたので、Doricoにも搭載されて嬉しいです。

②リピートマーク

前のバージョンのリピートマーク(繰り返し記号)に加えてD.S.(ダル・セーニョ)やD.C.(ダ・カーポ)、Coda.(コーダ)、Fine.(フィーネ)など、何小節目に戻って、何小節目に飛ぶ、などの記号が入力できるようになりました。

記譜モードの右側のタブを開き(水色部分)、リピートマークを入れたい小節線をクリックで選択します。小節線がオレンジ色に変わります。

そのあと入れたいリピートマークを選び、クリックすると楽譜上に表示されます。今回はD.S.を選択し、入力しました。

ここでは五線の上に表示されてしまいましたが、浄書モードで簡単に修正できます!

D.S.のあとはセーニョマークに戻るため、次の小節はCoda.になりますが、小節と小節の間を開けなければいけません。それもDoricoなら記譜モードで簡単にできます。

D.S.の小節線を複縦線に変えて、、、

To Codaも楽々入力できました!

これらの機能は楽譜を書く上でよく使う記号なので、個人的にとても心待ちにしてました!これがあると楽譜のページ数も減らすことができ、すっきりまとまったものを作ることができます。

③トリルの再生

ピアノや管楽器、弦楽器などの楽譜でよく使うトリルですが、簡単に入力でき、再生にも反映されるようになりました。

Shift +Oを押してtrと入力すると

トリルの記号が現れます。

再生時のトリルのスピードも細かく調整できるので、機械的なトリルではなくリアルな演奏のように再生することができ、作成した譜面の楽曲をイメージするのにとても便利な機能です。

④ジャズアーティキュレーションの入力

ジャズ特有のアーティキュレーションが入力できるようになりました。手書きよりも統一感があり、何と言っても演奏の際に読みやすい楽譜が作成できます!作曲や編曲をして演奏者に楽譜を渡して演奏依頼をする際、楽譜の読みやすさは重視されがちなので、演奏者にとってもありがたい機能だと感じます。

記譜モードの右側のタブを開き(水色部分)、ジャズアーティキュレーションを入れたい音をクリックで選択します。音符がオレンジ色に変わります。

そのあと入れたいアーティキュレーションを選び、クリックすると楽譜上に表示されます。

直感的に操作できるのでとても便利です!クラシックの譜面ではほとんど使わない記号ですが、ジャズをされている方にとってはかなり重宝する機能だと思います。

⑤タップテンポ

これくらいの速さで弾きたい!と思った時、四分音符=どれくらいの速さなのかわからない時ありませんか?その場にメトロノームがなくてもクリックしたテンポをこの機能で入力できるので、作曲した曲にテンポ指示を記入するのに便利です。

タップというボタンを一定の速さでクリックすると、その速さが数値化され、そのまま楽譜にも記譜することができます。

⑥音楽記号の編集

休符や強弱記号などの形を細かく変更することができます。もう少し記号を小さく表示したい、などの願いも叶います。自分好みの楽譜により近づけられますね。

⑦括弧の変更

楽譜の左端にある括弧を変更することができます。例えばピアノの大譜表だと括弧ははじめに設定されていますが、後で変更することができます。これも自分好みの楽譜により近づけられますね。

⑧音域外の音符を色分け表示

ほとんどの楽器は出せる音域が決まっていますが、その楽器で出せない音域の音は赤色に変わるという便利な機能です。

楽譜を書くときは楽器の特性も考えなければいけませんが、この機能があればそれぞれの楽器の音域を知らなくても楽譜が作れます。頑張れば出せる音域は暗い赤色に変わるので、例えば管楽器のパートにとても難しい高音ばかりを記譜することは避けたいので、演奏に無理があることにも気づけやすくなります。

ピアノの場合、下記の赤くなっている音符の音域は鍵盤が無いので出せません。それを知らなくてもDoricoが教えてくれます!それぞれの楽器の音域の知識がなくても入力して指摘されるのはありがたい機能です!

NEW!バージョン2.2.10登場

そして先日、2019年2月6日に最新のバージョンがアップデートできるようになりました!

主なアップデート内容
  1. リアルタイムMIDI入力/記譜の強化
  2. プロジェクトの自動保存
  3. 記号/テキスト/符尾や連桁の反転
  4. フローのヘッダー用のトークンを追加
  5. 印刷前にパートレイアウトの移調確認と自動修正
  6. トリル拡張線の表示/非表示や装飾音符の符頭の変更
  7. 再生時の奏法変更での安定性向上
  8. その他不具合の修正、安定性の向上

このアップデートによって、操作性がさらに良くなり、使いやすくなりました!特に3つめの記号の反転は譜面の見栄えにこだわって作りたい時に本当に便利な機能で、音符の棒(符尾)の向きをFのキーを押すだけで反転できます!スラーやアクセント、トリルなどの記号も同様にFキーを押すだけで反転させることができます。

基本的にドリコは自動で見やすい向きに記譜してくれますが、見栄えをカスタマイズしたい時におススメです。

以上、レポートでした!

皆様もぜひ一度試してみてください。

気になられた方は、島村楽器梅田ロフト店でもお取り扱いしていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせ

店舗 島村楽器 梅田ロフト店(梅田ロフト8F)
電話番号 06-6292-7905
担当 吉武(ヨシタケ)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。