YMO楽器展1978-2015内 ライブイベント「ARP Odyssey等アナログシンセを使用した音作り」レビュー

4/12まで行われていた梅田ロフト5FにてYMO楽器展1978-2015

画像

詳細はこちらまでご確認下さい ↓↓

4/11(土)に開催したARP Odyssey等アナログシンセを使用した音作り・・・。その内容を簡単にレポートいたします!

この日も松武秀樹氏が実際にシンセを扱いパフォーマンスをするということで幸運にもチケットをGETできた20名様で満員御礼でした!

画像

さて本日の内容はおおまかに

高橋幸宏氏のシンセドラムの音は大体、坂本龍一氏と松武秀樹氏が作っていたとの事。その音をKORG ARP Odysseyで作るには?をご説明されておりました、音をたやすくシンセを扱う松武秀樹氏の手によりあっという間に、完全再現されたサウンドを聞くことができました!画像

続いて、現代に甦ったKORG ARP Odysseyを使いSEを作るためには?お話に突入!YMOの有名な曲ライディーンの間奏で聞かれるまさにアナログで作った宇宙を想像させるようなサウンド・・・実はそんなに難しいことはしていなかったというお話でした。皆様、よくうなづかれておられました(笑)

当日はライディーンを演奏!もちろん、シンセベースはSYSTEM-1使用し生演奏。めちゃくちゃカッコよかったです!ビハインド・ザ・マスクに至ってはなんと!!生ボコーダーを披露していただきました!!シビレました~~!!

画像

次のレビューはラスト

・4/12(日)「YMO ギター&シンセ合戦」 渡辺 香津美/松武 秀樹

です。お楽しみに!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。