リペアマン山口の日々リペア 10

こんにちは!梅田店ギターリペアマンの山口です!

今回の楽器はこちら!

EKOというイタリア産アコースティックギターです!

全体

20年前のギターで、しかも12弦ギターです!!

弾きこまれているため、深いサウンドがします!

素晴らしいです!!!

ヘッド

「リフレットをお願いします」とのことで、修理内容は決定しました。、

このギターをどう使っていたか、どうしたいか等、会話を楽しみつつ修理内容を決めていきます・・・

まとまったところで修理開始です!

(梅田店では技術者とお客様が直接話せるため、相談ができるんですよ!

困ったことがあれば是非ご来店ください!)

弦を外すと一目瞭然!!!

かなり消耗しています!

フレット浮き

フレットを抜いていきます!

フレット抜き

全て抜いたら、ネック・指板の状態を頭に入れます。

指板フレットなし

指板を調整していきます・・・

指板調整

指板が整ったところに、フレットを打っていきます。

フレット打ち

フレットの状態を確認し、完成です!!!

完成手前

綺麗になりましたね~!

完成斜め

完成後弾いてみると、コードを押さえるのストレスを感じません!

完成

フレットの打ち変えと言うと消耗品の交換と考えがちですが・・・

フレットには、種類があり、各メーカーからいろいろ出ています!

各社フレット

右から

JimDunlop、Jescar、Feedom

幅、高さ、硬度に各社違いがあります!

ということは・・・演奏性・サウンドを変えられるんです!!!

弾きづらい・・・サウンドに変化が欲しい・・・という方は是非フレットの交換もありですよ!

次回はどんな楽器を修理するのか!!

お楽しみに~!!!

店頭にてご相談を受付けております。興味のある方は、ぜひご来店ください!

お待ちしております!!!

リペア担当 山口
受付時間 11:30~20:00

8月リペア定休日

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。