津田沼店ギターリペアスタッフ宮本の「サドル交換!」

皆様こんにちは!
宮本です!
今回はサドル交換を行わせていただきました。

弦の張力に加え乾燥や衝撃などでアコースティックギターやクラシックギターの
サドルが「割れてしまう」ということは少なくありません。

このような時に行う修理がサドル交換です!
まず、下のような牛骨の角材からアコースティックギターやクラシックギターの
サドル溝に合うように加工します。

この際ボディーにしっかりと弦の振動が伝わるようサドルの底面をサドル溝に合わせます。

最後に上面を磨き完成です!

サドルにヒビが入ってしまった、サドルが割れてしまって満足にギターが弾けない等
お悩みがある方は是非一度宮本までお声がけください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。