津田沼店ギターリペアスタッフ宮本の「ギター、ベースの調整について!」

皆様こんにちは!

津田沼パルコ店ギターリペアスタッフの宮本です!

今回はギター、ベースのネック調整についてお話させていただきます。

一言で調整やセットアップと言いますが、どのような症状が出た場合ギターやベースの調整が必要なのかいまいちピンときませんよね、、、

なので、今回は目安として調整が必要なケースを紹介します!

まず、私がギターやベースの調整を行う際一番初めにチェックするのがネックです。
日本は湿度、温度が変わりやすく季節の変わり目などでネックが反ってしまい
「弦高が高く感じる」「前までビビらなかったポジションがビビってしまう」など
ネックでのトラブルが多く見られます。

ネック反りの見方を簡単にご紹介します。
①1フレットとジョイントフレット(ボディとネックの継ぎ目位置上にくるフレット)を押さえる
②押さえた位置の真ん中あたりの、弦とフレットのあいだを見る

このとき、弦とフレットのあいだに

A:隙間がある状態だと、ネックは順反り傾向(弦高が高く感じてしまう)
B:隙間が無い状態だと、ネックが真直ぐな状態か逆反り傾向(ビビりが出てしまう)
可能性が高いです。

弦高が高く、おさえる時指が痛い、、、
ビビりが気になってしまい演奏に集中できない、、、

などお悩みがありましたら、宮本までお気軽にご相談ください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。