アメリカの若者を中心に人気のブランドJAM Audioのワイヤレススピーカー「Zero Chill」を試してみた!

デジタルスタッフ・伊藤です。
今回、ちょっと面白いブランドのスピーカーを見つけましたのでご紹介したいと思います。

こちら、JAM Audioというブランドになります。
動画の紹介でもある様に、スピーカー以外にもBluetoothイヤホンやBluetoothヘッドホンも販売しているブランドで、アメリカでは若者に人気のオーディオブランドです。
確かにカラーバリエーションはPOPな感じな物が多くて、人気出そうですよね!
今回、何故私がこちらのブランドのスピーカーが気になったのかと言いますと、「ちょっと大きめの音が出る水筒位の大きさのBluetoothスピーカーが必要になり、しかもあんまり高くない物が欲しい!」という至って個人的な理由からJAM Audioに辿り着きました。
実際に、試したスピーカーがコチラ!

スピーカーの中では、一番大きなタイプのZero Chillという出力12wのモデルで価格が¥9.075(税込)です。
このサイズ感のBluetoothスピーカーは10wのタイプが非常に多く家電量販店等でも1万円前後のモデルは5w~10w仕様が多く販売されています。
その中で12wというのは、お買い得感があります!

メーカーロゴのAが小文字になっているんのですが、クッキーを食べる某ゲームのキャラクターみたいですよね!

ボリュームのアップが〇ボタン・ダウンが×ボタン・電源が|ボタンです。

筒状の下の部分にある底蓋を開けると、USBケーブルが収納されており

更に下には、USB端子とAUX入力があります。

下にケーブル挿したらスピーカー立たないじゃないかと思われますが、再度に通し穴があり横からケーブルを出すことが出来ます。
ミニステレオケーブル&USBケーブルが同梱されていますが、双方L字仕様ですので底蓋を閉めても大丈夫です!

スピーカーは上部に搭載されています。
気になるボリュームですが、20畳位の部屋でもしっかり音が届きますので自宅で音楽を聴く以外にも、演劇の練習等にも使えそうな感じです!

こんな感じにPC用スピーカーとして持ち運ぶのもオススメです。
このJAM Audioというブランドですが、昨年から日本国内で取り扱いがスタートしたばかりなのでまだあまり知られていないブランドですが、コストパフォーマンスも高くイヤホンやヘッドホンも気になる商品があります。
私同様JAM Audioの商品が気になられた方は、是非津田沼店 伊藤までお問合せ下さい!お待ちしております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. ss より:

    底蓋がかたすぎて開かないのですが、コツなどありますか?

    1. 島村楽器 スタッフ より:

      ss様
      底蓋は何回か開けるまでは固めな印象がありましたが、使っているうちに開けやすくなるといった印象です。
      ケーブルを出す横の蓋は、底蓋を開けた後に後ろ側から押す方が開けやすいと思います。

      1. ss より:

        スタッフ様
        早急なご返信ありがとうございます!
        がんばってみます。ありがとうございます。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。