ナットあれこれ。

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?

パーツ担当カツベです。

寒くて外に出るのがやだなぁって方は楽器のメンテナンスなんて如何でしょう?

お客様に良く聞かれるパーツとして、「ナット」があります。

お客様:「取りあえず○○○に使えるやつない??」

ほんとに多いんです。この質問。

注:○○○にはストラト、テレキャス、レスポール等の名前が入ります。

勝部的には「ありますがオススメしません。」って答えます。

サイズも違えば、弦間のピッチもジャストで合う物なんてそんなに無いんです。

機械化が進んだとはいえ、ナットは職人さんが作りますから。

ですからリペアに出してしっかり作ってもらいましょう!!

その時にオイル漬け牛骨とか使うと最高です。

           ↓↓↓

ソニックナット

耐久性、弦の滑り共に満足のいく仕上がりになる事でしょう。

他にも色々な素材がありますのでご相談下さい。

ナットはギターの鳴りに影響する大事なパーツです。

職人さんにシッカリ作ってもらいましょう!!

パーツ担当勝部でした。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。