スタッフが体験レッスンを受けてみました!【ヴァイオリン編】

みなさまこんにちは!


今回はスタッフが音楽教室の
体験レッスンを受講してみましたので
その様子を皆様にお届けいたします!


まず様子をお伝えする前に
先生のご紹介からお届けいたします!

ヴァイオリン科講師

川本 冴夏

川本先生

広島県広島市出身。3歳からバイオリンを始める。特別奨学生としてエリザベト音楽大学学部演奏学科バイオリン専攻入学、卒業。これまでにバイオリンを、甲斐摩耶、川本義幸、伊達万浩各氏に師事。現在はクラッシックだけでなく様々なジャンルでの演奏活動を幅広く行う。

さらに詳しくはこちら

レポートスタート!

お待たせしました!

それではさっそくレポートをお届けいたします!


レッスン開始!!

まずは、本体の持ち方・弓の持ち方から教えていただきました。

弓持ち方


肩と顎で本体をしっかりと挟んで、弓を持つ!

構え

生まれて初めてのヴァイオリンということで、緊張していたのですが
先生に教えてもらった正しい姿勢で構えると
落ち着いて心が引き締まる感じでした!


音を出してみる‼

構えが出来たら、弾いてみます!

ヴァイオリンは音を出すのがとても難しいイメージでしたが、意外にすんなり音がでました!
(美しい音色とは言えませんが、、、)


ただ、弓で弾きたい弦を弾くのが難しい。。。


すると先生が「弦によって右肘の高さ・角度を変えると、弾きやすいですよ」と教えてくださったので
肘の高さを変えると、本当に弾きやすくなりました‼


ついさっきまでは、完全な初心者だったのに

その後も先生の丁寧な指導・アドバイスのおかげで
「きらきら星」のワンフレーズを弾けるようになりました!!


レッスンの最後に


最後は、ヴァイオリンのお手入れ方法や管理方法を教えていただきました。

ヴァイオリンは湿度管理がとても大事で、数日雨が続いたりすると
本体が伸縮して、弦が切れてしまうこともあるとのこと。

非常に勉強になりました。

まとめ

全くの初心者の自分でも、ワンフレーズ弾けるようになるとは思ってもみませんでした!

先生が優しく丁寧に教えてくださるので、何も心配はいりません。

とっさにリクエストした「情熱大陸」を弾いてくださった時の興奮は忘れられません!

一曲通して弾けるように習いたい!と思いました。

おまけ

情熱大陸 ワンフレーズ演奏動画

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。