電子ピアノで!こんなに楽しく演奏できる!インストラクターが弾いてみました♪~カワイCA9900GP編~

皆様こんにちは!

高崎店ピアノインストラクターの田島です。

カワイ電子ピアノCA9900GPをレポート♪

今回は、KAWAIから新しく発売されたばかり!の、電子ピアノ“CA9900GP”について

ピアノインストラクターである私が、実際に触れて、演奏してみた感想を皆様にお届け致します!

9900 レビュー

是非最後までお付き合いください。

こちらでは、感じた感想をメインでのせていきますので、詳しい商品説明については

『島村楽器×KAWAI 最新コラボ電子ピアノ「CA9900GP」3月10日新発売!』をご覧下さい。

鍵盤のタッチ感が進化!

初めてこのピアノに触れた瞬間、以前までのモデルの鍵盤と全然違う感触だったので、まずそこにとても驚きました!!

今回から、新しいアクション構造と新ハンマークッションが採用されているそうです。

鍵盤から鍵盤へと指が移動する時に、とても動きが軽やかで、速いパッセージもスラっと弾きやすくなっています。

タッチは、生ピアノと比べると電子ピアノはどうしても違和感があったりしますが、

(速く弾くと指に音がついてこないようなあの感じ…)

その違和感や、変にただただ重さがある感じは無く、すっきりとしています!

ただ軽い!というわけではなくしっかり重さも感じられるので、より生ピアノに近い!と感じました。

響きについて

”響板”が電子ピアノなのについている!というのは以前のモデルからとてもお気に入りポイントなのですが、

低音域も、高音域もKAWAIらしいしっかりとした音がしつつも、華やかでのびのびとした音色です♪

沢山ある中から自分なりの好きな音色を選ぶのは電子ならではでとても楽しいですし、

このCA9900GPはタッチパネルなのもあって、操作がしやすい!分かりやすい!です。

Shigeru Kawaiのグランドピアノは以前弾いた事があり、個人的に好きなピアノなので(笑)

音色をSK-EX コンサートグランドの【コンサート】に設定して、弾いて楽しんでみました。

9900GP タッチパネル

そして、すごく小さい音から、しっかりとFを出したい大きな音まで、表現する事も出来ました!

小さい音って特に生ピアノに近い感触が無いと、出したい音を出したいように出す事が難しいんですよね~

コード辞典

驚きましたし、面白くてピアノ教室の生徒様に使ってほしい!と、私が思ったのはこの【コード辞典】という機能。

CA9900GPだけの独自の機能なのです!

音楽の楽しさが広がる「コード辞典」【CA9900GP独自機能】

ピアノのコードを、タッチパネルのところの画面で、どの鍵盤エリアでもわかりやすく表示してくれます!

画面をタッチするだけで、その音域での鳴らしたいコードが鳴り、聴くことができるので、演奏もコードの確認も簡単に出来ちゃいます。

9900GP コード

いちいちコードの本を引っ張り出してきたり、音を1つずつ順番に鳴らして考えながら弾いてみたり…という手間も省いてくれます!

これは助かりますよね!(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はCA9900GPに私が実際に触れて皆様にお伝えしたい!と思ったポイントを絞ってレビューしてみました!

経験者の方も、初心者の方も、これからピアノを習うお子様にもお勧めな電子ピアノです。

また、ピアノをもっと楽しく弾きたいと思っている大人の方、私が担当しております大人の為の予約制レッスンもございますので、

是非お問い合わせ下さい♪体験レッスンも受付中です!

ピアノサロンについてはこちらをご覧下さい。

CA9900GPは現在高崎店にて展示中です!是非遊びにいらしてください!

ピアノ担当

皆様のご来店お待ちしております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。