【第1回】ビギナー殿木の一曲作成物語

みなさん、こんにちは。作曲録音ビギナーの殿木です。
録れコン2015の応募が始まりましたね!!!初心者の私も頑張って、みなさんと一緒に曲を作っていきます!

曲を作ってみたい!
録音してみたい!

でも何で録ればいいんでしょうか…
録音する方法は大きく分けて2つあります。

【その1 MTRを使う】

MTRとはMulti Track Recorderの略です。つまり多重録音ができる機械なんですね。

R8

MTRの利点は思いついたらすぐ録音できるハードの強み!最近の機種ですと、ギター、ベースのアンプシュミレーターやドラムマシン、マイクが組み込まれている機種が出ています。オーディオインターフェース機能が付いている機種もあります。MTR単体でバンドの一発録りや弾き語りを内蔵マイクで気軽に録っちゃうのもアリですね!
※オーディオインターフェースはPCに音声やMIDI信号等を入力、出力するための機械です。

【その2 DAWを使う】

DAWとはDigital Audio Workstationの略でPCで作曲、録音するソフトです。音の調整も細かくできちゃいます!

cubase

DAWを使うにはオーディオインターフェースが必要になります。

audiointerface

内蔵音源を使って打ち込みをしたり、エフェクトをかけたりと、こだわりの一曲を作れるところが特長です。今、大人気のボーカロイドもソフトを使えばDAW上で作成できます。

詳しくはコチラをご覧下さい!

次回からは私、ビギナー殿木がDAWを使って曲作りに挑戦していきます!それではみなさまごきげんよう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。