楽曲制作サークル「Digiland CREATORS SUZUKA」第三回活動報告です

第3回デジランド・クリエーターズ・サークル開催しました!

こんにちは、鈴鹿店のデジタル担当Dr.奥田です。
今回3回目となるサークル活動ですが、1回目、2回目と写真を撮り忘れてしまい、3回目にしてようやくブログアップ致します。すみません。。。
3回目の報告の前に軽く今までの内容をお伝えしておきます!

一回目(12月22日(金))

3名の方に参加いただきました。
皆さん趣味で音楽制作をされている方で、まずは自己紹介代わりに皆さんの持参した曲を聴きました。
それぞれに個性のある曲ばかりで作成環境も違っており興味深かったです。早速お互いにどうやって作ったのか、とか質問コーナーが始まりすっかり打ち解けていきました。
その後、今後のサークル活動をどうやって行くかについて皆さんの意見を聞き次のように決めました。①参加者のなかから1曲選んで音源を差し替えたり、リミックスをすること、②「パッヘルベルのカノン」をみんなで打ち込んでいくことが決まりました。

二回目(1月20日(土))

2人増えて5名の方に参加いただきました。
新たに参加された方の曲を皆さんで聴き、いい雰囲気のまま「パッヘルベルのカノン」の打ち込みを開始しました。
まずはイントロから。和音を打ち込み、それに合わせてメロディやリズムをかわるがわる皆さん思い思いに打ち込んでいきます。それぞれ打ち込み方法に個性が見られ、「そんなやり方あったのか」的な発見もあったりで面白かったです。
あっという間に終了時間となりイントロの8小節くらいしかできませんでしたが、皆で1曲を完成させる難しさと楽しさを味わいました。完成が楽しみです。

そして今回三回目(3月2日(金))活動報告です

三回目は来れない方が多く残念ながら1名のみの参加となりました。内容を変えて、じっくりとCubaseのソフトシンセについて追及してみました。

Cubaseの内蔵ソフトシンセはなかなか良いですね

画像
今回参加された方は、普段はハードシンセを使って曲を作成されているとの事で、一応DAWは持っているけれどまだ活用できていないとの事でした(Cubase6をお持ち)。内蔵のシンセはどんな音が入っているのか気になっておられたので、Cubaseに入っているソフトシンセの音を聴いて頂きました。
その中でも特に気に入って頂いたのは、Dark Planetというアンビエント系の音源。サウンドエフェクト的な音が魅力の音源でフィルターやLFOなどエディットができ曲の中で使っても色々と面白い事ができそうなサウンドです。劇伴でもすぐ作れそうなサウンドに興奮しっぱなしでした。
画像
さらに内蔵エフェクトも少し体験して頂きました。わぁ、これは楽しすぎて何時間でも試し続けていたい感じですが、時間に限りがあるので後ろ髪引かれる思いで次のコーナーへ。。

そしてパッヘルベルのカノン打ち込みへ

画像
その後は「パッヘルベルのカノン」の続きを打ち込んでいきました。しかしほぼ時間が無くなってしまったのでシンセベースを打ち込んだ後リズムを少し修正したところで終了となりました。
画像
次回はサビから打ち込んでいくことにしましょう。

次回の実施日は。。。

第4回デジランドクリエーターズサークルは4月6日(金)19:00~実施いたします。
内容は
①初参加の方がいれば自己紹介(曲作っている方は曲紹介も!)
②参加者の曲を分解、音源差し替えたりしてみます。
③パッヘルベルのカノンを完成までもっていきたいなぁ。
新たなメンバーを募集中です。お気軽にお問合せ下さい。
見学だけでも大丈夫です。ご興味ありましたらお気軽にお尋ねくださいね。

この記事を書いた人~Dr.奥田プロフィール

画像
初めてシンセに触れたのは14歳の中学2年生のころ。音楽の授業で聴いた富田勲の「月の光」。シンセサイザーっていろんな音がでて、しかもこんなにも情緒豊かな演奏ができるのか、と感動し高校1年からシンセを始める。音を作り始めると夢中になって時間を忘れてしまうほど。よって演奏能力は上達しないのが悩みの種。
敬愛するシンセシストは、難波弘之、小室哲哉、キースエマーソン。
ファーストシンセはローランドのαJUNO-2。それからのシンセ遍歴は以下の通りです。

  • YAMAHA TX81Z
  • YAMAHA RX7
  • KORG M1
  • YAMAHA V50
  • ROLAND JX-3P
  • Ensoniq TS-12
  • KORG Prophecy
  • Alesis D5
  • E-mu PROTEUS2000
  • HAMMOND XK-2
  • ROLAND JUPITER80

いま、強烈に欲しいシンセはYAMAHA MONTAGEとMOOG Minimoog Model D。これさえあれば今後20年は何もいらないと言えます。とか言いつつ欲しいものが出てくるんだろうなぁ。
現在は、DTMとかで遊びつつバンドにも加入しライブ活動等しています。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。