PRSファクトリーオーダーツアーレポート【Private Stock編】

皆様、いつも島村楽器静岡パルコ店をご利用頂き、誠に有り難うございます。

店長の平林でございます。

先日参加致しました、PRSファクトリーオーダーツアーレポートのPrivate Stockオーダー編をお送り致します。

昨年に続き、今年も島村楽器のPrivate Stock(以下PS略)をオーダーする為、PS専用の木材保管庫「The Vault Room」へ向かいます。

PSグレードのマテリアルがストックされており、キルト&フィギュアドメイプル、アッシュ、リボンマホガニー、コリーナ、ウォルナット、エキゾチックエボニー、バックアイバール等々、その一つ一つが最上級と言えるグレードです。木材に書かれているナンバーやカラーでPRSが選別している種類やグレードを判別出来ます。

使用する種類の木材に関しては、Vault Roomに保管されているほぼ全てを確認しています。杢目の出方、深さ、従来木が持っている色、厚みや木取りをチェックしながら、理想の1本のギターを創り上げる為、イメージを膨らませていきます。

3ヵ月前から新たにUSAファクトリーでも取り扱いを始めたローステッドメイプル(PRSではTORRIFIED MAPLEと呼んでいました。)のボディトップとネック材もあり、参加する度に新たな発見と驚き、PRSの進化を感じることが出来ます。

PSの新たなオプションとして「Bello Opal」というとレジン等を使用したインレイ素材もセレクト出来る様になっており、今回オーダーした一部のモデルにも使用しています。こういったPSチームの最前線を知り、オーダーに取り入れることが出来るのも、ファクトリーを訪問してミーティングを重ねる醍醐味の一つです。

↑ポールマイルズ、ティナとのミーティングの様子です。

それでは、静岡パルコ店でオーダーしたPrivate Stockの概要をご紹介します。

【Private Stock#8469/509】

513の進化版としてコアなPRSファンに高い評価を得ている509をベースに、深い杢目が特徴のキルトメイプルをボディトップに、バック材にはワンピースマホガニーを、ネックと指板にはカーリーメイプルをセレクトしています。カラーやインレイワークは完成をお楽しみにどうぞ。

【Private Stock#8467/513 3-Piece Top&Luminlays】

PRS全モデルで最も多彩なサウンドメイクが可能で、ミュージシャンの使用率が高い513をベースに、2018年のオーダーでも話題騒然だったボディトップにキルト&カーリーメイプルの3ピース素材とルミインレイを使用したスペシャル仕様でオーダーしています。こちらのネックにはローステッドメイプルを採用致しました。1本のギターに使用する木材でこのボリュームです。

【Private Stock#8468/Singlecut Trem24F McCarty594 Electronics】

こちらも深い杢目が特徴のキルトメイプルをボディトップに、バック材にはグレインフィルにする為、杢目が特徴的なアッシュ材を、ネックと指板にはカーリーメイプルをセレクトしています。ファットなサウンドを実現する為にシングルカットシックネスに変更していることと、マッカーティー594エレクトロニクスを採用したモデルでオーダーしています。

こちらのモデルのみ、ミーナ町田店に入荷予定です。

※仕様に関しては変更になる可能性がございます。予めご了承下さいませ。

最後はポールリードスミス氏ご本人と撮影して、オーダーが完了です!

最後に今回ファクトリー見学も行う中で見つけた面白い1枚の写真をご紹介します!

先日SNSで公開されていた杢目を活かしたPrivate Stockのインレイです。この発想が面白いですね。

それでは、1本1本が異なるスペシャルモデルの完成をお楽しみにどうぞ!

一緒に参加したディーラーの皆様にも感謝致します。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。