【UMA SOUND WORKS】コラボエフェクター第一弾 ”BLAZE”

「色」をコンセプトにサウンドメイクする新進気鋭のエフェクタービルダー

UMA SOUND WORKSは群馬県前橋市に拠点を置くエフェクター製作・カスタマイズ・ギター/ベースの調整を請け負うブランド。畑精密工業主催の「ビルダーズコレクション2017」に参加し、Dual Blazeが高い評価を受けたことで認知を広めました。

そんなUMAですが、製作モデルを「色でコンセプト」を決めるという特徴があります。前述のDual Blazeであれば燃える炎のような激しいイメージで作られており、赤いハイゲインオーバードライブとしてデザインされています。現在の基本ラインナップは、

■Blaze

「赤」・・・燃える炎のハイゲインオーバードライブ

■Levin

「黄」・・・一瞬で走り抜ける雷光のトランスペアレントオーバードライブ

■Innocent

「白」・・・余計なものはなにも足さない透明なクリーンブースター

■Fimubl

「青」・・・厳しい冬の冷たいクランチオーバードライブ

という構成です。

今回コラボレーションしたモデルはそんなコンセプトの「別の側面のカラーイメージ」という内容で企画しました。

限定モデル共通仕様

島村楽器限定デザインとしてカラーだけではなく多くの独自要素を盛り込みました。

-HATA-新型傾斜筐体

畑精密工業が製作する板金筐体の中から特徴的な傾斜モデルをチョイスしました。A5052アルミ材を使用し、天面のみブラックアルマイトを施すことでLEDの発色をサポートしています。

染色アクリルノブ

コンセプトカラーに合わせた色でアクリル製のクリアノブを染めています。UMAとしても初めての試みでしたが、何度も試作を繰り返すことで高級感ある美しい仕上がりを実現しました。

Sound Frog製アクリルパネル

すでに限定モデルのいくつかで採用している刻印アクリルパネルを搭載。美しさだけでなくコントロールの分かりやすさにもつながっています。

Vol.1 Blaze Another Side

燃え上がる激しい炎をイメージした本モデルは、すでに高い評価を得ているDual Blazeを元に、Boostスイッチを廃し、内部トリマーを外に出すことでよりシンプルに操作性を高めています。

ハイゲインオーバードライブという呼称通りにピッキングニュアンスや入力に機敏に反応しジャンルを選ばず活躍します。本体サイドのTreble/Bassで大まかなキャラクターを決め、トップ面のコントロールで作り込んでいくことで好みのサウンドを得られるでしょう。

AnotherSideとして完全燃焼した時の青い炎をイメージし、LED、ノブをブルーで揃えています。

ショッピングページはコチラ↓

デジマートでUMA SOUND WORKS ”Blaze Another Side”を探す

デジマートでの販売のほか、店頭でも販売しておりますが、今回のBlazeはミーナ町田店、静岡パルコ店、ららぽーと海老名店、イオンモール浜松市野店、横浜ビブレ店のみで販売いたします。

Vol.2はLevin!

こちらのコラボモデルはシリーズ化し、新しい商品をリリースしていきます。

次回作、Levinの登場を楽しみにお待ちください。

お問い合わせ

島村楽器静パルコ岡店 Tel:054-275-5530 担当:松本

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。