【Taylor RoadShowまであと2日!】 314ce V-Classのご紹介!

Taylor 314ce V-Classのご紹介!

島村楽器静岡パルコ店 美作でございます。いつも静岡パルコ店をご利用頂き誠に有難うございます。

本日は、店長の平林とアコースティックギター担当の柴山と共にTaylor Guitarのご紹介を致します!

さて、この度静岡パルコ店で実施されるTaylor RoadShowまであと2日と日が迫って参りました。当日はこのイベントの為に数多くのTaylorギターが並びます。壁一面のTaylor Guitar…
今から楽しみです!

↓こちらからTaylor Guitars Road Show 2019 無料診断会の詳細がご覧いただけます。

過去の紹介記事はコチラ

【Taylor RoadShowまであと5日!】 Custom GA-LTD Rosewoodのご紹介!

【Taylor RoadShowまであと4日!】 814ce V-CLASSのご紹介!

静岡パルコ店で展示しているTaylorギターを日替わりでご紹介していく本企画。

3日目の本日、ご紹介するギターは、Taylor Guitarの定番モデル。「Taylor 314ce」でございます。

Taylorの代表モデルである314ce。末尾の「4」があらわす意味は、「Grand Auditorium」これはTaylorオリジナルのボディシェイプであり、最も人気があるシェイプでございます。
また、300番台からはアメリカ・エルカホン工場での製造となります。

特徴をひとことで申し上げるなら、まさに「万能」です。
暖かみとクリアさ、サスティーンが高次元でバランス良くまとまっており、魅力的なサウンドを奏でます。
フィンガーピッキングからストラミングまで、幅広い演奏スタイルにマッチする一本に仕上がっております。

ボディトップには、上質なシトカスプルースを使用し、硬さと弾力性のあるダイナミックレンジの広いトーンを実現しております。

サイド・バック材には、サペリが組み合わされています。
サウンド特性に近いマホガニーに比べ、わずかに高音域が強調され、ブライトなサウンドが特徴です。

指板材にはエボニーが使用されています。昨今では供給難などの理由により、代替材である人工のリッチライトが用いられることが多くなりました。
黒々としたエボニーに「Italian Acrylic Small Diamonds」インレイを採用。
クールなルックスです!

ヘッドに輝く、「Taylor」のロゴ!
本モデルでは、話題のV-Classブレーシングを搭載しております。
V-Classブレイシングの詳細はこちら

「V-Classブレーシング」の搭載により、向上した音量やサスティーン。更なるブラッシュアップを経た定番モデル「314ce」を是非店頭でお確かめください!

お問い合わせ先

この記事についてのお問い合わせは、島村楽器静岡パルコ店 美作まで、お気軽にお申し付けください。

店舗名 島村楽器静岡パルコ店
電話番号 054-275-5530

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。