Paul Reed Smith ファクトリーオーダーツアー・レポート2018【工場見学編VOL③】

画像

↓Paul Reed Smith ファクトリーオーダーツアー・レポート2018【工場見学編VOL②】

バフ掛けが終わると、美しいPRSギターの全貌が見えてきます!
画像
PUやPOT等のアンセンブリーを組み込んだあと、OK or NGが選別され、NGのギターはもう一度戻ってやり直します。
画像
パーツ倉庫も見せて頂き、そこにはSilver Sky専用のブリッジやペグもありました!
画像
画像
PRSはピックアップも自社制作のものが多い為、ワックスポットも専用マシーンがあります。
画像
Private Sock用のウッドパネルが置いてあります!
画像
完成後は撮影、編集を行い、HPやSNSへ掲載!!!
画像
このあと、ケースに入れて各国へ出荷され、皆様の元へ届きます。
画像

PRSギターはハンドメイドとマシーンのバランスが絶妙で、一定量の生産量がありながらも、非常に高い品質を誇っていることが特徴です。
PRS好きの皆様に、こちらのレポートから少しでもUSAファクトリーの様子が伝われば幸いです。

現在、PRSギターは過去最大の受注を受けており、ナイトシフトでギターを生産しているとのことです。
今後の国内入荷にも期待ですね!

↓Paul Reed Smith ファクトリーオーダーツアー・レポート2018【工場見学編VOL①】

Private Stockオーダーのレポートはこちらからどうぞ!
↓PSオーダーレポート

↓静岡パルコ店のPRSギター情報

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。