【新浦ブログ】穐山のマニアックコーナー#13

今更聞けない弦のお話!

暑いですね!流石に自転車通勤していると肌が焼けてきました!
今回のマニアックなコーナーはそんな暑さを吹き飛ばす訳も無く、ふと思いついた弦のお話をしたいと思います!

画像

今回はアコギの弦!皆さんはお気に入りの弦はありますか?
僕はアコギはElixirのLight、Phosphor Bronzeをよく使います!
指弾きがメインなんですが、下手くそで指のタッチノイズが気になるのでコーティング弦を使用しています。
ギターが割りと落ち着いたサウンドなのでフォスファーブロンズを選んでいますね!

こんな会話をしていてよく突っ込まれるのが

・Phosphor Bronzeって?

画像

直訳すると「リン青銅」です。
なんじゃそりゃ?って人も多いのでは?化学の授業でもほとんど出てきません。きっと
「銅を主成分とするすずとリンの合金」インターネットで調べてたらこう書いてありました。
化学が苦手な人は煙が出そうですね。
見た目は赤みがかった色で、オレンジ色に近いです。
ブロンズ弦に比べて明るく、きらびやかな印象です。
リンを追加することにより、長持ちもします。

・Bronzeって?

Bronze

こちらもアコースティックギターの弦でよく使用されている素材です。
「銅を主成分としスズを含む合金」と出てきました。また煙が出そうですね。簡単に言うと10円玉です。
ギターで使用されるブロンズ弦は金色をしています。
そしてパッケージに書いてある「80/20」の数字は「銅80%錫20%」を表しています。
サウンドはフォスファーブロンズ弦に比べると高域が前へ出ないので、落ち着いた渋めな印象。
またフォスファーブロンズ弦に比べると少し安いため、様々なギターに使用されます。

・他にも様々な弦があります!

画像

最近では様々なメーカーから発売されているコーティング弦やブラスワウンド弦、コンパウンド弦…
弦は実は奥が深いのです!アコースティックギターの場合弦を変えただけでサウンドがガラリと変わるので、
色々試してみると新たな発見があるかも?

弦を変えて自分の好きなサウンドを見つけてみよう!

弦編は続く…多分(笑)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。