【♪しんとこの音♪vol,33】2月22日(土)開催レポ*健(鍵)ハモ講座

皆様、こんにちは。

新所沢店ピアノインストラクター櫻井です。

先日2月22日(土)に行われた鍵盤ハーモニカ講座のレポをしたいと思います!
ご参加いただいた方は、お持ちの方も持っていない方もいらっしゃいましたが、皆様とても楽しそうでした!

イベント内容詳細はこちら

大人のケンハモ倶楽部第一回目レポはこちらから

①13:00~ 初めの一歩

鍵盤ハーモニカ初心者の方や楽譜を読むのが苦手!という方向けの内容でした。

鍵盤ハーモニカで演奏する前に、楽器の特徴などの話や、手を使ったトレーニングから入りました。
「まだ吹かないのか…」と心配される方もいらっしゃったようですが、簡単そうに見えるトレーニングも意外と頭を使うので、皆さん真剣でした。
この後「喜びの歌(ベートーベン第九番交響曲)」を演奏するのですが、その指遣いを両手指を合わせて確認をしました。



時間も半分くらいを過ぎたところで、ようやく鍵盤ハーモニカを用いての演奏です。まずは吹き口を付けずに指遣いだけを確認します。
歌いながら指確認をすることで、息の量も確認できますね。

最後に吹き口を付けて吹いてみました。指遣いはしっかり確認できているので、思っていたより吹けたという方が多かったです。
その後強弱を付けてみたり少しアレンジを加えて終了となりました。

この時間は脳トレとしての役割も大きく、参加された方は「最初はなんでこんな簡単なこと…いつになったら吹くのかと思ったけど、やってみたら思っていたより難しく、脳への刺激がすごかった!」ととても満足していただけました。
今回初めて鍵盤ハーモニカを吹いてみた方は「今回参加してみて、手軽に演奏ができる事、思っていたよりも大人へのアプローチができること(子どもの楽器というイメージが強かったため)が分かった。参加してよかった」と言って頂きました。

①15:00~ ホップ・ステップ・ジャンプ

両方ご参加いただく方もいらっしゃったため、前の時間の内容を踏まえつつ、より高度な内容になっていきました。
この回は経験者向けということで、楽譜を読める方向けの内容になっていました。

今回ヤマハさんからストラップをプレゼントしていただき、装着してみました。
手を放しても演奏することが可能になるため、両手弾きもできるようになりました。

ピアノでの演奏だと左右の指番号が逆になってしまうのですが、鍵盤ハーモニカを縦にして持つと同じ指遣いで演奏できるため、初めての方も前の①の時間で行った両手指合わせての指確認を用いて吹いてみることができました(ピアノの演奏は両手共白鍵の方から弾きますが鍵盤ハーモニカは縦にすると左手は黒鍵の方から演奏することになるためです。写真の、持っている方を見てみてください)。

最後にテンポを上げたりデータの伴奏につけて演奏してみて、皆さんでアンサンブルを楽しみました。

今回ご参加いただいた方には、鍵盤ハーモニカの手軽さや、しかし演奏技術を追求すると意外と大人向けで難しかったり、楽しく演奏できることと脳トレとしての部分と両方を体感して頂きました。

今後も私の方で鍵盤ハーモニカ倶楽部を奇数月で行っていきますので、仲間と一緒に演奏を楽しみたい方はぜひご参加いただけるのをお待ちしております♪

ちなみに次は5月に開催【予定】です。

まだまだ気の抜けない状況が続きますね…皆様どうぞお体にはお気を付けください。

鍵盤ハーモニカアンサンブル倶楽部詳細はこちらからどうぞ

それではまた👋

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。