【♪しんとこの音♪vol,32】楽典の勉強をする

皆様こんにちは。新所沢パルコ店ピアノインストラクター櫻井です。

世の中がとてもざわついている昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

レッスンは通常通り行っておりますが、いらっしゃる会員様も三分の一くらいで、急にお会いできない方もいらっしゃり、少し寂しいです…

「家に籠っているこんな時だから、ピアノをたくさん練習します!」と言ってくださる方もいらっしゃいます。

こんな時なので、楽しい気持ちになれることができたらいいなと思います。


みんな大好き(!?)楽典

本日は『楽典』についてです。

最近高校生や音大受験の方のレッスンがあり、楽典について私ももっと学ばなければいけないと思い、「1冊でわかるポケット教養シリーズ『数字と科学から読む音楽(ヤマハミュージックメディア出版)』」を買って読んでいます。

私も以前学生の頃には試験前に一生懸命詰込み勉強をするが全く理解はできておらず…という感じで過ごしていたので、学生さんの「なかなか頭に入らない、覚えられない」という気持ちはとてもよくわかります。


全般的にそうですが、一夜漬けでは無理です。

文言として頭に入れても結局は理解ができていないため応用ができないからです。

分からない言葉一つ一つに興味をもって調べて理解をし、先に進んでいかないといけないと思っています。

すっごく例えばですが「バッハの時代から啓蒙主義に入り数の神秘性の表現から作曲家が離れていくが、また20世紀に入りまた戻ってくる」というような表記がありました。
高校生の頃の私や、何気なく読んでいた場合「へーーーーーー」と読み進めていたと思います。
ここで「啓蒙主義とは何か」「啓蒙主義に何があったのか」という事を調べていくと歴史も知ることができ、またその文章の理解がより深まります。
ただ覚えるだけでは時間が経つにつれて離れていってしまいますが、自分で調べまとめることでもっと興味が出てきて、より深いことを学ぶことができます。


私は自由帳に不明な言葉や知りたいことを書き出して、調べたことも一緒に書き込んでいます。
特にネットはたくさんの情報があり便利でもありますが、一つの文章では理解しにくいまた解釈の違いなどもあるので、複数調べることをおすすめします。

「9人のギリシャ神話の女神」についても調べました(笑)これは一つのサイトだけでは全く理解できなかったので苦戦した一つです…
9人よりたくさんいるとかなんだとか…


このように読んでいくとめっちゃ時間かかります…!1時間で1ページも進みませんでした。
でもそれでいいと思います。たくさんを読むことも大切ですが、一つの事をじっくり調べて自分なりに頭に入れていくことも大事だと思います。
せっかく同じ時間をかけるなら、とも思います。


ただこれは試験前などにはできないですよね。普段から興味を持って接してみるというだけで変わると思います。
レッスンで誰かに話を聴くのでもいいですね。



ソルフェージュのレッスンでは、学生さんはもちろん初めての大人の方も「楽典-理論と実習(音楽之友社)」を使用しています。
知っておきたいことが一冊にまとめられているので学習本として最適かと思います。

ただ私も学生の頃から使用しているのでわかりますが、一人で一度読んだだけでは内容を理解するのは難しいです…(使っている言葉が少し難しいです)
こちらを私がかみ砕いてかみ砕いて説明しながら時には問題集を使用したり戻って読んだりしながら、ゆっくり進めていく方がほとんどです。

多少かじるだけでも、知っているのと知らないのとでは楽譜を見たときの目の付け所が変わるらしいです。
楽典を勉強した方には当たり前な事も、楽典を初めて勉強した会員様から「そんな風に書かれているのか!」「知らなかった!!」と言われる事は多々あります。
気を付けるべきところや気にするところが変わるだけで、どこを注意したらいいか何を意識したらいいかのポイントが自分なりに抑えられるようになるので、譜読みも楽に進むようになると思います。

ただ先にも申し上げたように、「一人で読むには」少し難しいです。
「理解をしたい」「一冊読み進めてみたい」という方は是非ご相談くださいね♪


今回「楽典」についてお話しましたが、これは「知っている曲を増やす」ことにも繋がります。
「楽典-理論と実習(音楽之友社)」でも例で有名な曲がたくさん抜粋されて出てきます。数小節だけなので「全曲通して聴いたらどんな曲なんだろう」「楽譜にはどのように書かれている曲なのだろう」と興味を持ってみると知っている曲も増え、また「この作曲家は何の時代の人なのだろう」「他には何を作曲しているのだろう」と広げていくとよりたくさんの知識が入ってきますね。


そのように、楽典に是非興味を持って接してみてください。
具体的に話を聞きたい方は、是非お問合せください。

さくらいレッスン概要

サロンには、専任インストラクターが出勤している曜日・時間の中で空いていればご予約が可能なフルタイムレッスン(Sコース・Aコース)と、平日 13:00〜16:00で通うデイタイムレッスン(Bコース)がございます。

更に櫻井のレッスンでは、30分月2回から通えるCコースもございます。

開講曜日・時間:火・水・木
コース Sコース Aコース Bコース Cコース
月のレッスン回数上限 8回 4回 4回 2回
開講時間 10:00~16:30 10:00~16:30 (平日)13:00~16:00 10:00~16:30
月会費(税抜) ¥21,500 ¥12,500 ¥10,500 ¥7,000
入会金(税抜) ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000

無料体験レッスン実施中

レッスンを体験していただくこともできます。実際にどんなペースでやっているのか知りたい・先生と一度話してみたいという方は是非体験レッスンをご利用ください♪

初めてピアノ、体験レッスン

webでのお申込み

体験レッスンお申込みページ
上記リンクをクリックしていただき、必要事項を明記の上お申し込みください。
1〜2日程度で担当スタッフからお電話、日程とお時間のご相談をさせていただきます。
※ソルフェージュレッスンを希望される方はお手数ですが、お名前の後ろに「ソルフェ」とご記入ください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。