【ディープなヴァイオリンの世界!vol. 10】ヴァイオリンインストラクター鈴木の練習日記🎻~第1弾!🔥~

ついにネタ切れか!?

ヴァイオリンインストラクター鈴木による【ディープなヴァイオリンの世界!】が本日でついに10回目を迎えました!!🎉🎉🎉✨

が、、、、

ここでネタが尽きてきてしまったので新企画!!!!!

ヴァイオリンインストラクター鈴木による練習日記をこれから始めようと思います、、、、、!!!!!!!!!

ここでは鈴木が日頃の練習で気づいたことや今練習している曲とその曲の弾き方について熱く語っていきます🔥

第一弾では「パガニーニのカプリス」と「バッハの無伴奏ソナタ2番」と「ドヴォルザークのスラブ舞曲第2番」を取り上げてみたいと思います!

パガニーニのカプリス

今21番、22番、23番、24番を練習しているのですが、やはり有名な24番がかなり難しいです、、いや!とっっっっもムズカシイ。

全部が難しいわけではないのですが、難しいポイントがいくつかあるのでそこさえ押さえておけば何とかなります(たぶん)

まず第2変奏の3連符のアルペジオ、ここからいきなり難所に突入です(笑)

移弦が本当に大変な部分です。激しく移弦していきます。

これはゆっくり練習しないと弾けませんね~

とにかくゆっくりと練習して右手と左手の調和を意識するといいかもです!

そして音程もかなり取りづらいので、音程も正確に取れるように意識して丁寧に練習するべきですね。

次は2ページの真ん中あたりの3度と10度がたくさん出てくるパッセージ(第6変奏)、ここは指がもつれそうになります。

ゆっくり練習するのはもちろん大切、ただここは速く弾く練習もしないと弾きこなせません。

3度と10度を速く弾くのは「慣れ」も重要です。

バッハの無伴奏ソナタ2番

フーガが異常に難易度が高いです。

バッハのヴァイオリン曲の中でおそらく一番難しいです。ソナタ3番のフーガもなかなか難しいですが、個人的には2番のソナタの方が難しかったですね。

技術的な部分では重音の音程を完璧に取るのがかなり大変です。

ここで出てくる3つ以上の重音は一番下の音を基準にしながら2つに分けて正確に取る練習をすると良いです。

そしてあまりテンポ揺らすことができない部分もあるのでそこは身体を楽にして腕をしっかりと脱力した状態で右手の圧力を最大限まで上げる必要があります。肩甲骨がポイントですね。背中から圧力をかけるイメージが大切です。

ドヴォルザークのスラブ舞曲第2番

この曲の練習ポイントは滑らかに強弱をつけながらもダイナミクスは大きく、テンポは崩さないというところですかね。

一応舞曲なので、テンポを崩すと安定感が損なわれて曲の雰囲気が壊れます、ご注意ください!!!!


いかがだったでしょうか?

今回は難しめの曲にフォーカスを当ててみました!

皆様がいつか挑戦する際に(既に挑戦している!?)参考になれば嬉しいですっ

以上!!ヴィオリンインストラクター鈴木でした!🔥🔥

お問い合わせはこちらからお願いします!

店名 TEL 営業時間 担当
新宿ペペ店 03-3207-7805
(クラシックフロア直通)
11:00~22:00 鈴木淳一郎

ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

◆新宿PePe店へのアクセスはこちらをクリックしてご覧下さい

この記事を書いた人はこんな人

投稿者 鈴木淳一郎
ひとこと 最近は将来どんな車を買うかを考えることにハマっています。(免許?あ、まだ持ってないです...)
担当 ヴァイオリンサロン
プロフィール ヴァイオリンを愛し、ヴァイオリンに愛された男。
静岡県浜松市出身。中学に入学してから部活でヴァイオリンに出会い、音楽の道に進むことを決意。1日7時間に及ぶ猛練習を重ねて小澤征爾さんの出身校である桐朋学園大学音楽学部に合格。在学中は徳永二男氏に師事。将来の夢はヴァイオリンの全ジャンルでスペシャリストになり、新しいスタイルの演奏様式を確立してクラシック音楽界に革命を起こすこと。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。