これぞ職人技!!という作業やってみた!!【リペアマン佐藤のギターいじりVol.5】

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆さんこんにちは!

最近過去最高体重を記録したリペアマン佐藤です、、、

これから年末に向けて食べる機会が多くなりますよね!皆さんも気を付けましょう(笑)

本題に入りましょう。

アコースティックギターをお使いの皆様に向けたちょっと珍しい作業の紹介ですよ!!

皆さんご存知GIBSONのJ45です♪

この楽器のブリッジにご注目下さい!!

一般的なアコースティックギターに比べてサドル部分の厚みがあるのが分かりますか?

これをアジャスタブルサドルと言いますが、、、なんと!!

ドライバーで左右のネジを回すことで弦高が変えられちゃうんです!!!

アコギを弾いている方なら一度は直面するであろう、弦高高くて弾きづらい問題!!

それを瞬時に解決できちゃうんですねぇ、、素晴らしい。

ただその反面、一般的なアコギに比べてサウンドがライトな感じ、、、ジャキジャキしてると表現する方が多いかもしれません。

ただそこは好みなので、デメリットではありませんのでご注意を!

ちなみに私はアジャスタブルのサウンド好きです♪

ですが!!「やっぱり普通のサドルにしたいなぁ…」という方もいらっしゃいます。

そこで私の登場ですね。

サドル溝。。。埋めちゃいます!!!

実は、作業前の写真を撮り忘れてしまったのですが、、、

こちらをご覧ください。(GIBSONではありませんが厚いサドルが付いている楽器です)

なんか違和感(笑)

そうです、サドル溝が無いんです!!

埋めた痕跡がうっすら確認出来ますでしょうか、、、

そのあとはトリマーと治具を使って

掘れてますね♪

掘り終えたところです♪

で、磨くと、、まったくわからないでしょ?

溝に合わせたサドルを製作して完成です!!

アコギ2本でインストの演奏をされるお客様だったのですが

ソロギター系なので、やはりサスティーンや低音のしっかりした部分が欲しいとの事で今回の作業を実施しました。

また、アジャスタブルサドルだと使用が難しいピックアップなどもありその点でも幅が広がるので

今回のお客様にとっては良い改造だったかと思います!

今のサウンドが物足りない、もっとこうしたい等是非ご相談ください!!

いろんなアプローチがありますのでご提案させて頂きますよ!!!

それではまた!

リペアマン佐藤でした!

~新宿店リペアブースの稼働状況などはコチラ~
https://www.shimamura.co.jp/shop/shinjuku/information/20190424/4444

~新宿店Twitter~
https://twitter.com/shima_shinjuku

島村楽器のリペア総合サイトはコチラ↓↓
https://info.shimamura.co.jp/repair/

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。