【ぷらNET通信】KICK DRUM CONVERTER KD-A22 取り付けてみた

画像
皆さん、こんにちは。
Roland Planetスタッフ山根です。

9月9日 909dayにて発表された新製品達も続々と発売されておりますが、
あの衝撃の新製品もついに発売されます!

KICK DRUM CONVERTER KD-A22 が届きました!

画像
22インチのアコースティック・バス・ドラムをV ドラムのトリガー・パッドとして使用するためのキック・ドラム・コンバーター。
アコースティック・バス・ドラムならではの空気の圧縮による心地よい打撃感はそのままにV ドラム音源を鳴らすことが可能なうえ、ステージで抜群の存在感を放ちます。

今回はKD-A22を取り付けてみたので、ご紹介します!

バターヘッドの取り付け

画像
バターヘッドを打面側に取り付けます。
既定の位置があるので気を付けて、バターフープとヘッドの中心が揃うように。
各ラグを対角線上に仮締め、張り具合が均等になるように。

バターボードの取り付け

画像
バターボードとバターヘッドの穴を合わせながら置きます。
クッションと穴の中心が揃うように調整します。
バターボードの周りにバターボードクッションを押し込む。
これが中々難しい、一度やり直してからクッションの表面を整えました。

コネクター・フロントヘッド取り付けで完成

画像
フロント側からコネクターを基板に接続します。
フロントヘッドを取り付けたら完成!
なによりこの外観がインパクトあってカッコいいです!
踏み心地も◎と、ドラム担当大野も大絶賛!
是非これは店頭でお試し頂きたいです!

お問い合わせ

ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

店舗 新宿PePe店
電話番号 03-3207-7770
Roland Planet担当 山根
ドラム担当 大野

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。