代官山音楽院 第六回卒業制作展示会へ行ってきました!

画像
みなさん、こんにちは!
新宿店でリペアを担当しています、小原です。

今回紹介するのは代官山音楽院にて行われた
ギタークラフト&リペア科・バイオリンクラフト&リペア科
第六回卒業製作展示会です!

今回の卒業制作展示会は学校で開催とのことで、卒業生である私は代官山音楽院まで行って参りました。
まず出迎えてくださったのは、ギタークラフト&リペア科講師の立沢先生。
画像

3月に卒業を迎えた元新宿店スタッフの吉松君も卒業間近で製作作業の合間にお手伝いしているようでした。
(ちなみにホンジュラスマホガニー仕様のネックのGibson Moderneを作っていました)
お客さまに挨拶できずにやめてしまったので、それだけ心残りだといっていましたが、元気にやっているようです!

パシャリ!

画像

それぞれのコンセプトやこだわりの詰まった作品が、会場内に並べられています。
バイオリン、フレットレスベースやPRSを模したものなど、卒業制作だけあって魅力的な作品がたくさんありました。

画像画像画像画像画像

コンセプトを決めて学生全員でアイデアを出し合い製作する、卒業制作も昨年度から加わりました。
投票で一番に選ばれたものを、アイデアが出した本人が主導になって製作していくそうです。
今年はこんなギターが出来ていました。

画像

ダ…ダブルネック…!
ラップ塗装という特殊な方法で塗装されたボディはハイエンドモデルのよう。
自分の代にはなかった製作なので面白そうです…!

バイオリンクラフト&リペア科の学生によるコントラバス製作実演。
作業も大詰め、ニカワによるネックとボディの接着を行っています。

画像

湯煎して液状にしたニカワを接着部分に筆で塗って、動かないようクランプで固定しています。
私はニカワの接着はしたことがないので、とても勉強になる製作実演でした。

代官山音楽院は島村楽器が経営する音楽技術学校です。
ギター、バイオリンのほかにも様々な学科があり、楽曲制作から楽器の製作・修理まで幅広い技術を修得することができます。
代官山音楽院 | 島村楽器が運営する音楽と楽器の学校

文化祭など、一般の方も代官山音楽院に触れることのできるイベントもあります。
ぜひ、これからの音楽業界を担う若者の作品を見に足を運んでみてください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。