ギタリストには試して欲しい逸品!

無限の可能性、最高のパフォーマンスをパソコン一台で!
そんな環境を作り出す為のDTM・周辺機器のススメ!
お相手は私、木谷がお伝えします。
今回はギタリストでもある私から見たオススメDTM製品等を紹介していきます!

DAW(作曲ソフト)

数自体は少なく、ギタリストにオススメ出来る製品は限られているので、Cubase・StudioOneを持っていればOKですね!

DAWは作曲以外にレコーディングソフトとしても使用出来ます!
ハイクオリティなレコーディングをするなら購入必須です!

Cubase→ https://new.steinberg.net/ja/cubase/

Studio One→ https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/

オーディオインターフェイス

宅録を行う上で重要な機材ですね!インターフェイスのマイクプリによって音がかなり変わりますので、いくつか紹介致します!

Apollo Twin X

プロアマ問わず人気の愛機ですね!
付属のプラグインが豊富でミックスも出来て、アンプシミュレーターもある素晴らしい機材です!

公式HP→ https://hookup.co.jp/products/universal-audio/apollo-twin-x/heritage-edition

SSL2+ or SSL2

組込のコストを抑えた機材ですが、作りは良く4KスイッチをONにしてアナログ特有のウォームなサウンドも体感出来る、ギタリストにオススメな機材です!

※4Kモードの特徴①:音楽的に前に来る高周波帯域のEQをブースト
※4Kモードの特徴②:あらゆる入力ソースにアナログのテイストを付加

公式HP→ https://solid-state-logic.co.jp/ssl2/

SSL2+のご購入はコチラ→ https://www.digimart.net/cat16/shop5184/DS06724557/

SSL2のご購入はコチラ→ https://www.digimart.net/cat16/shop5184/DS06724523/

RME UC/UCX

ハイエンドモデルの現在Windows環境にて最強の機材です!
本体の音を味付けなくそのまま入力してくれる機材で、私自身も所持しておりハイエンドモデルではオススメ出来る機材です!

※画像が見つからなかったので公式HPを掲載致します。

公式HP→ https://synthax.jp/fireface-ucx.html

scaralett 8i6

クリッピング時にライトの色によって簡単に見分けが付きます!

赤くなればクリッピングを起こしており、緑なら適正レベルの入力値になります!

クリッピング=音割れ

公式HP→ https://kcmusic.jp/focusrite/

Scaralett 8i6のご購入はコチラ→ https://www.digimart.net/cat16/shop5184/DS06724605/

アンプシミュレーター

実機で鳴らすもヨシ!ですが、メンテナンスだったり修理を出すときお金もかかるし大変ですよね~。
でも、ソフトアンプシミュレーターがあればパソコン一台で手軽に音が出せます!

また、別でキャビネットシミュレーターを用意して頂くと、かなり細かく音作りが可能になります!

※アンプシミュレーターを使用した際に音が遅延する事がありますので、バッファサイズの変更をお願い致します。

Bias2

Positivegrid社のアンプシミュレーターで、一番人気のソフトです!

真空管の変更を出来たりと、サウンドを作り込めばより楽しめます!

公式HP→ https://www.minet.jp/brand/positivegrid/bias-amp/

Guitar rig

Native instruments社のギタープラグインです!

クリーン・クランチのウォームなサウンドを体感できるプラグインだと思います!!

公式HP→ https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/guitar/guitar-rig-6-pro/

AmpliTube

Ik Maltimedia社のソフトアンプシミュレーターです!

音質・使いやすさの面でトップクラスだと私は思います!

公式HP→ https://www.ikmultimedia.com/products/amplitube4/?L=JP

総括

今の時代に適した機材をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

デジタル製品は日々進化しております!現在はニュータイプのギタリストが日の目を浴びる時代です!

デジタル製品やギターのちょっとした奏法等、何かお困り事があればお答え致しますので、何卒よろしくお願いします!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。