中まゆりインストラクターブログ Vol.15 ベヒシュタイン弾いてきました

みなさんこんにちは。
ピアノインストラクターの中まゆりです。

もうすぐ2月も終わり、早いですね。という話をすると
1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」って言うんだよ~と教えてもらいました。
あっという間に1年過ぎてしまいますので、何か目標を決めてみると楽しく楽器と向き合えるかもしれません♪
ちなみに私の2021年の目標はチェルニー50番をやりきる!です。

今回のブログのテーマはベヒシュタインです。

世界にどれだけのピアノメーカーがあるでしょうか

ピアノメーカーは世界中に600以上あると言われており、それぞれに歴史があります。
その中でも歴史が深く作曲家や演奏家に愛されてきたピアノとして

STEINWAY&SONS(スタインウェイ&サンズ)

Bösendorfer(ベーゼンドルファー)

C.BECHSTEIN(ベヒシュタイン)

が三大ピアノといわれ、多くの音楽家に愛されています。

 

ベヒシュタインってどんなピアノ

1853年にドイツのベルリンで誕生したピアノメーカーです。
160年以上前、日本はまだ江戸時代ですね…!
有名な作曲家、ドビュッシーやリストも使っていたそうですよ(*´ω`*)

私の印象では、コンサート会場にあるピアノはヤマハ・カワイ・スタインウェイが殆どで
ベヒシュタインはなかなかお目にかかれないピアノです。

私が初めてベヒシュタインでの演奏を聴いたのは2019年の冬でした。
ピアニストが素晴らしい方だったのもありますが、その音色が今までに聴いたことがない程美しく、あれからずっとベヒシュタインの虜なんです☺️


ベヒシュタイン弾いてきました

そんなこんなで、なんと先月ベヒシュタインのグランドピアノを弾く機会がありました!
地元和歌山の駅に期間限定で展示されている、予約をすれば演奏できる、
と聞きさっそく予約してきました。


弾いてみた感想

感動しました。
弾き心地・音色・音の消え方、今まで弾いてきたピアノとは全く違いました。
こんな音色が欲しい…とイメージがどんどん湧いてとても楽しかったです♪初めて触るピアノってこんなにドキドキするんだなあ、と胸いっぱいになりました(*´꒳`*)
ちなみに今回触らせて頂いたピアノは、ビートルズがレコーディングで使用していた年代物でした!
一般的には三つ脚なのにこのピアノは六つ脚で譜面台にも装飾があり、外観も美しかったです☺️

とっても幸せなひと時で、いつかベヒシュタインピアノで毎日弾けたらいいなあ…と夢が膨らみました。



ご自宅やレッスン室のピアノだけでなく色んなピアノに触れてみると自分の音楽の幅が広がると思うので、ぜひ皆さんも色んなピアノに触れてみて下さいね〜♪


お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオンモールりんくう泉南店
電話番号 072-480-4060
担当 ピアノインストラクター中まゆり

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。