エフェクター・ボード システム構築奮闘記 ~レイアウト編~

皆さんこんにちは!エレキギターはロングスケールでないと違和感を感じてしまう人 ギターシニアアドバイザーの永野です!

今回は、エフェクター・ボード システム構築奮闘記 第二回レイアウト編をお送りします!

前回の記事はこちら 

前回の工程が終了しましたら、この段階で
エタノールでエフェクターとエフェクターボードを拭いておくと油分がとれて、後のマジックテープの接着度がアップしますよ!稀に表面が溶けてしまうものもあるので注意してください!

レイアウトを考えよう!

・まずはジャンクション・ボックスとパワーサプライを設置しよう!

画像

ジャンクション・ボックスはギターからのインプット、アンプへのアウトプット端子になります!
そこからできるだけパワーサプライは遠ざけましょう!
・スイッチャーを設置しよう!

画像

スイッチを押すのはあなたは右左どちらでしょう!?僕は右派ですのでに設置します!

・その他エフェクターの配置を考えよう!

画像

後々の配線も考えて配置し、カッコよさも追及していきます!パワーサプライの周辺に他のエフェクターを近づけるとノイズが発生しますので、なるべく空けるようにしましょう!ノイズの原因はほとんどが電源周りと言われています!

画像

あぁでもない~。こうでもない~。と悩みつつ再配置を繰り返していきます!

画像

・ついにしっくりきた配置がコレです!

画像

悩んだあげくコレでいくことを決心しました!とっても悩みました(笑)

・ジャンクション・ボックス、スイッチャー、パワーサプライをマジックテープで固定しよう!

画像

この三点は確定していますので固定してしまいましょう!残りのエフェクターは実際に配線をしてからのほうがよいです!
配線の取り回しや、プラグの接触、電源周りのノイズなどの問題が発生する可能性がありますので、後に固定しましょう!

レイアウトはこれで終了!

画像

いかがでしたか!?意外にやってみるとかなり悩みますよ~!自分も今悩んでいる という方がおられましたらご相談下さいね!
それではまたシマブロにてお会いしましょう!さようならっ!!

次回、配線編をお楽しみに!

お問い合わせ

店舗 島村楽器 イオンモールりんくう泉南店
担当 永野(ナガノ)
電話番号 072-480-4060

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. より:

    ボードはアルモアですか??

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。