エフェクター・ボード システム構築奮闘記!~構想と準備編~

皆さんこんにちは!エフェクター大好き ギターシニアアドバイザーの永野です!
最近、「妥協なきエフェクターボードを作ってみたい!そしてそれをバンド演奏で活用してみたい!」とエフェクターのことばかり考えて色々悩んでおります(笑)

画像

画像

それだったら、どうせならその経緯をブログに書いてみよう!ということでこの記事をアップさせていただきました!
このブログが、「これから自分も作ってみたい」と考えている方のご参考になれば光栄です!また、「これを見て作ってみたくなった」 という方が一人でも多くできれば非常に嬉しく思います!

では早速、エフェクター・ボード作成の経緯をご案内します!
永野だったらこうします!という形でドンドンご説明させていただきます!

まずは「こうしたい!」という願望をまとめましょう!

●ワンアクションで一気に複数のエフェクターのオン・オフやプリセットを切り替えたい!
             
マルチエフェクターにする かスイッチャーを導入する かの2択です!今回は、音質を徹底追及したいのでスイッチャーを導入し、コンパクトエフェクターを使用します!

●こんな音色が使いたい!~欲しいサウンド をまとめましょう!~
 ・全バイパス      クリーン・サウンド

 ・クリーン・サウンドを クリーン・ブーストしたサウンド
 ・クリーン・サウンドを ミッド・ブーストしたサウンド

 ・バッキング用 オーバードライブサウンド
 ・バッキング用 オーバードライブサウンド+ブースト サウンド
 ・ソロ用    オーバードライブサウンド
 ・バッキング用 ディストーション・サウンド
 ・ソロ用    ディストーション・サウンド+ディレイ
 
 ・クリーン+コーラス サウンド
 ・クリーン+ディレイ サウンド
 ・クリーン+コーラス+ディレイ サウンド

など

上記から必要なエフェクターを考える

・まずシステム構築に必須な スイッチャー(欲しいパッチが多いので、プログラマブル・スイッチャーを選択)ジャンクション・ボックス、パワーサプライ3点

オーバードライブ
ディストーション
クリーン・ブースター
ミッド・ブースター
コーラス
ディレイ

これらがあれば上記の欲しいサウンドを再現、制御することが可能です!

あと、足元でチューニングがしたいのでペダルチューナーも付け足しておきます!

とりあえず、この段階ではザックリでもいいので全体像を構想してみましょう!

画像

この段階では、並べ方は大体で大丈夫です!この段階で思ったよりデカいな・・・と感じる方(携行性を重視する方)は後のペダル選びでサイズも考慮すると良いかと思います!
今回の僕の場合は、大きくても音質重視!でいかせていただきます!ギタリストにとって荷物が多くなることは、ある程度しょうがないことと割り切っています(笑)

具体的に機種を決めていきましょう!

・今回、スイッチャー、ジャンクション・ボックス、パワーサプライ は全て「FREE THE TONE」でいきます!

画像

音質が抜群に良いことや、機能性、品質、デザイン など群を抜いていますのでオススメです!

FREE THE TONEの素晴らしさはここで語るともうそれだけでブログが数回に渡って書けてしまうので、ここでは省略します(笑)

インピーダンスが~とか、グランドループでノイズが~とか、MIDIが~とか そういった説明になってしまい、皆さんの心がどんどん遠ざかるかと思いますので(汗)

ご興味のある方は店頭にて口頭でご説明します!電気的なお話が苦手な方は聞かない方がいいかも・・・

FREE THE TONEのスイッチャー、ジャンクション・ボックス、パワーサプライを全て揃えるということは、
ドラ〇エで簡単に例えるとメタルキングのたて、メタルキングヘルム、メタルキングのよろいを全て装備するような感じです。
どうですか!?最強でしょう!僕、FF派だから分かりません とかはなしでお願いします(笑)

・オーバードライブ はSHINO‘S Alice The Goon に決定!

画像

ギター・ロックを演奏することを想定して選択しました!アンプライクでデジタルっぽさがなく、しかも音抜け抜群です!無駄な倍音がないので淀みなくコードが鳴ります!

・ディストーション はShur Riot に決定!

画像

極端な低音と高音をカットされており、バンド・アンサンブルにおいて最も必要なミドルが詰まった定番ハイエンド・エフェクターです!

・クリーン・ブースター はFREE THE TONE Final Booster に決定!

画像

究極のクリーン・ブースターと謳われるコイツに決定!極上のピュアサウンドを実現してくれます!薄味のものにこそ究極の境地が存在するのです!

・ミッド・ブースターはBoot-Leg Dr.Mid Rich に決定!

画像

ソロに必要なミッドを絞り出せる使い勝手の良いエフェクターです!ミッドの中でも最もおいしい部分の帯域を出してくれる素晴らしいエフェクターです!

・コーラス はストライモン Ola chorus に決定!

画像

極上のナチュラル・コーラス・サウンドがお気に入りです!あと見た目が(笑) いや、見た目も大事ですよ~!

・ディレイ はストライモン のTIMELINEに決定!

画像

最高峰のサウンドと超多機能の名機です!プロギタリストの間でも定番になっていますね!もう、迷ったらコレ って感じです!

ペダルチューナーは KORG PB-CS に決定!

画像

チューナーといえば定番のKORG!精度抜群で、しかも見た目がカッコイイ!!(笑)

実際に現物を並べてみよう!

画像

配線のスペースも考え、なるべく詰め過ぎないようにしましょう!後々、エフェクターの変更や増設まで考えると少し大きめくらいで丁度いいですよ!
この段階でようやくエフェクター・ケースのサイズが決まってきます!

配線材もやっぱり「FREE THE TONE」で!

画像

画像

パッチケーブルの長さが自由自在に決めることができる上に、高音質、強い耐久性なので迷わずコレに決定!
DCケーブルは長さが決まっていますが、ここまで来たらもうFREE THE TONEでしょう!(笑)

徹底的にこだわるためにシステム構築のため勉強をしました!

・なんとFREE THE TONEのマーケティングデザイナー、サウンドデザイナー 中條さんに研修をしていただきました!

画像

色々な機材知識のお話や裏話までしていただき、非常に有意義な時間でした!中條さん、本当にありがとうございました!

・更にこちらの書籍を参考にしました!

画像

こちらもFREE THE TONEの代表取締役 林さんによって執筆された書籍です!
こういったジャンルが好きな方には最高な本だと思います!難しい内容なのに説明が分かりやすく、超おすすめです!

構想と準備編は以上です~!

いかがでしたか!?
永野の個人的な趣味にお付き合いいただきありがとうございます(笑) 次回はレイアウトを決めていくブログをアップしますのでお楽しみに!

ではまたシマブロにてお会いしましょう!さようなら~~!

お問い合わせ

店舗 島村楽器 イオンモールりんくう泉南店
担当 永野(ナガノ)
電話番号 072-480-4060

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。