【イベントレポート!】10/15 Roland FA-06-SC攻略セミナー開催いたしました!

新発売のシンセサイザーをセミナーで徹底攻略!

画像

皆様こんにちは!

島村楽器イオンモールりんくう泉南店のDigiland shopスタッフの堀口です!

今回は10月15日に開催致しました人気シンセサイザーRoland FA-06-SCの攻略セミナーレポートをお送り致します!

まずはセミナー講師をご紹介いたします!
なんと!今回のセミナー講師は10代男子・女子に人気のクリエイターズ集団「Honeyworks」のキーボードを担当しています宇都圭輝さんです!

セミナー講師プロフィール

宇都 圭輝(うとけいき)
画像

今回セミナーではWeb予約でも受付を行ったのですが、なんと受付2日目には満席!
一時受付が追い付かないほどのお申し込みでありました!

また当日追加座席の受付も行なったところ、遠くからでも来たいというお客様がいて、宇都さん人気の高さを改めて感じました!

それでは、これから写真を交えながらセミナーの内容をレポートしていきます!

画像

今回のセミナーの内容というのがRolandから発売されたFA-06-SCというシンセサイザーのご紹介という事でまずは基本的な音色をご紹介いたしました。

主要な音色であるピアノやオルガンなどの楽器でデモを弾いてくれました!
さすがそこはプロの作曲家に演奏家!さらっと弾いて一気に会場の雰囲気を宇都さんワールドに持っていってくれました!

画像

さらに主要な音色の紹介だけでなく、本体の設定を変えることで細かい音色の変化やより本物の楽器でしか出せないような音を出していて、FA-06-SCの可能性を感じました!

特に担当堀口がすごいと思ったのは、

・設定次第で最大16音色まで鍵盤に音を割り振って重ねることが可能
・アコースティックギターの音でも、ペダルでギター特有のノイズを再現できること
弱く弾けばこの音強く弾けばこの音といったタッチの違いによる音色変化も可能なこと

私も勉強はしておりましたが、まだまだ知らないことがあって楽しくセミナーを受けることができました!

また音色に関しても、改めて大きい音量で聴くとその音もすばらしく

初心者の方が購入しても中級者・上級者になっても扱い続けることが可能な機種と感じました!

画像
(スタッフ田中が割り込んできました…)

また後半では、少しレベルアップして宇都さんが実際に曲作りをする方法をご紹介!

リアルタイムに弾いた演奏をそのまま録音する方法から楽器が弾けない方向けにパズルのように簡単に録音できる方法までご紹介して頂きました。

曲作りって難しそうと見えますが、この方法で一つずつやれば、楽器未経験者でも曲作りが始めて頂けるのではないでしょうか?

画像

最後にはこれらを踏まえて今回のセミナーに向けて宇都さんが作ってくれた曲を披露してくれました!まさにセミナーの集大成といった圧巻の演奏!

そしてセミナーが終わった後は質問タイム!

セミナー内容が終わった後には簡単にご質問タイムや雑談の時間もありました!宇都さん自身も小さいころからエレクトーンに親しみ、鍵盤に触れてきた経験も踏まえて色々な質問に答えていました!

担当堀口も今回来たお客様とお喋りをすると宇都さんのファンの方も多いのですが、実は鍵盤に興味があったというお客様も多く、今回のセミナーは来てよかった!と皆様おっしゃっていました!

最後は皆さんで集合写真をパシャリ!こう見ると改めて女の子が多い!
画像

画像
そしてセミナー参加者からの寄せ書きホワイトボードもいいですね!

宇都さん本当にありがとうございました!
今回はシンセサイザーに注目してセミナーを開催しましたが、まだまだ奥が深いです!

また今後も泉南店はDigiland shop限定セミナーを企画していきますので、お楽しみにしてくださいね!

それではまた会いましょう!さようなら!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器イオンモールりんくう泉南店
電話番号 072-480-4060
担当 堀口

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。