真・漢ベーシスト道場!Vol.9 ~新製品ElectroHarmonixのBattalion弾いてみたの巻~【動画あり】

画像

皆の衆、押忍!!

少し久しぶり(?)の投稿です!

前々回、VivieのプリアンプOwl Mightyについてのレビュー記事をアップさせて頂きましたが…

今回は我らがElectro Harmonixから新製品として発売されたベース用プリアンプBattalionを試してみたいと思います!

バタリオンと読みます、たぶん。

画像

こんなやつです。

皆さん見たことありますか?

新世代ベース用プリアンプとして今ベーシスト界隈では話題になっています。

簡単に特徴を説明しますと…

  • ベース用プリアンプでありながらディストーションも標準装備。2つのスイッチでそれぞれOn/Off可能。
  • この価格でコンプレッサーノイズゲートも搭載。
  • 標準のフォンアウトの他、D.I.アウトも筐体のサイド部分に備え付けられています。
  • プリアンプ部のEQはBASS・LO-MID・HI-MID・TREBLE4バンドイコライザー

ちなみにベース用プリアンプ、2スイッチ仕様で歪み搭載のものと言えば僕の頭の中では…

画像

画像

画像

こんな子達が思い浮かんできます。

(なんとなく怪しい人達感出してみました。)

なのでキャラ被りなのか?…と思いきや、そこは安心して下さい!

バタリオンのポイントにもなる部分ですが、コンプレッサーノイズゲートが搭載されています!

これは今までありそうで無かったポイントですよ!
コンプは先日紹介したOwlMightyにもありましたがゲートも付いてるなんて中々見ないですよね。

あるとかなり嬉しいのでは?

…と文字を並べるより音を聴いてみる方が早いと思うので、ベーシスト道場恒例(?)の試奏動画を撮ってみましたー!

使用機材

ベース Bacchus WL4-FM CUSTOM/R/OIL
アンプ Ampeg BA-108V2
カメラ ZOOM Q4(ライン録り)
リズム ZOOM B3n

今回はリズムマシンと一緒に録ってみました。
記載の通り、ZOOMB3nより音源を取ってきました。
B3nもそういや紹介したなあ…と思いだしたのでリンクをペタリ

そして肝心の、渾身の動画を貼っておきます!

いかかでしたでしょうか?

個人的な感想としては…

基本的なサウンドの性格としては個性が強すぎず弱すぎずといった感じで使いやすい。ですがこいつにしか出せない音はあると思います。MXRM80サンズベードラどちらとも違う系統ですし。

コンプレッサー個性がかなり強いです。コンプとはなんぞやということを教えてくれるような音色です。

・歪みのキャラクターとしては比較的粗いイメージ。そこまで使い込んでいないのでなんともですが、今のところ少し歪ませてかけっぱなし…というよりはソロ的な使い方がメインになりそうな音色な気がします。

…といった感じでしょうか。
この記事を更新している7/1時点ではまだ在庫ありますので是非お試しにいらして下さいね!

ちなみにお値段はコチラをご覧下さい!

ではまた次回の更新でお会いしましょう!

押忍!!

店舗名 島村楽器 泉南店
電話番号 072/480-4060
担当 赤木(あかぎ)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。