真・漢ベーシスト道場!Vol.7 ~Vivie/OwlMighty弾いてみたの巻~【動画あり】

道場の皆様、オッス!

画像

師範代アカギです、今回もよろしくお願い致します!

気温や気候のお話ではなくきちんとしたベース関連のお話なのですが、いますごく島村楽器泉南店アツイです!!

…え?何がアツイのかって?

皆さん本当に道場の生徒ですか?!
何がアツイかってそんなん…

VivieOwlMightyが入荷したからですよ!!

 \俺が入荷したのさ/
画像

ということで、今回はこいつのレビューをしていこうと思います!
ちなみにこいつ、ベース用プリアンプエフェクターなのです。
もともとSNSなどで話題になっていたOwl Mightyがすごく気になっていた私アカギとしてはもう感激ですよ。
こんな大阪の南の方までOwl Mightyちゃんがやってきてくれたかと思うと…もう涙待ったなしです。

一応、Owl Mightyを製作しているブランドVivieについてご紹介しておきますね!

Vivie(ビビー)

画像

Vivieは、プロクオリティのペダルを提供するエフェクターブランドです。

第一線で活躍している現役プロギタリストがサウンドディレクションを行う事で、
すべての製品がライブ・レコーディングを問わず
最新の音楽制作現場にマッチする様設計されています。

エンジニアとギタリストの異なる視点から綿密に調整されたVivie製品は、
プレイヤーの表現力を余す事無く引き出せる
プロクオリティエフェクターとして完成されています。
(Vivie HPより抜粋)

…なんかよく分かりませんがかなり知的クオリティの高いコメントですね…僕とは大違いです…。

まあそんなこんなは置いといて、、、

入荷した際、箱すら可愛かったのでつい撮ってしまいました。

画像

写真だけいっちょまえにかっこよく撮りました。

箱を開けてみると中にもういっちょふくろうさん。

画像

まだ本体が見えてこない。

画像

焦らされるアカギ氏。

画像

きました!これこそOwl Mighty!

画像

恒例?のかっこいい撮り方をしてみました。

ちなみに裏面・サイド部分はこんな感じ。

画像

画像

ハンドメイド感、ありますねえ~素晴らしい!

やっぱりベーシストとしては弾いてみたいという思いが強く、すぐさまセッティングを行い動画を撮ってみました!

色々なフレーズ色々なセッティングで撮ってみましたので、是非ご覧あれ!

ちなみに使用機材は…

使用機材

  • ZOOM/Q4(カメラ)
  • History/TH-BJ4/R (ベース)
  • Philjones Breafcase(アンプ)

となっております。
ちなみに録音方法はライン録りです。

いかがでしたでしょうか?

個人的な感想としては…

  • プリアンプクリーンCh比較的幅広い音作りが可能ですが、タイプとしてはナチュラル系。
  • EQの設定次第で、バキバキからしなやかなサウンドまで調整可能。
  • 個人的にはクリーンの音作りコンプキーポイントになると思います。プリアンプコンプレッサーがついているのはかなり美味しいです!
  • ドライブchは個人的にめっちゃ好きです!某マイクロチューブ風なサウンドが出せたり、バンドアンサンブルに溶け込むナチュラルな歪みまで、こちらも幅広く対応してくれる印象です。

…という感じでした!

おそらく人気過ぎてすぐお嫁に行く気がしますが、是非その前に試しにいらして下さい!

価格等に関してはコチラ!

では、また会う日まで!

さよならー!

お問い合わせはこちら

担当 赤木(あかぎ)
店舗 島村楽器 泉南店
電話番号 072-480-4060

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。