真・漢ベーシスト道場!Vol.4 ~Sireベース触ってみたの巻~

皆様こんにちは!

道場へようこそ~。師範代(?)アカギです、今回もよろしくお願いしますー!

画像

今回はタイトルの通りSireのベースが入荷し、触ってみましたのでレビューしていきますよ~!
ところで当店泉南店に入荷したのはこの2本!
画像
V7-4st/S.Ash(NT)
画像
V7Vintag-5st/S.Ash

それぞれ4弦・5弦のアクティブジャズベタイプです!
実はもう1本入荷の予定があるのですが、取り急ぎ既に入荷しているこの2本をご紹介させて頂こうかと思いキーボードを叩いている次第なんです…!

というかそもそもSireとは…?
って声が画面の奥から聞こえてきそうなので、簡単なご紹介をします。

Sireとは

画像
ベースメーカーの名前。かの有名なベーシスト、Marcus Millerとコラボしており、低価格で高品質な楽器を提供することを1つのコンセプトとしているとのこと。
これまではメーカーHPからしか購入できなかった為(いわゆるネット通販というスタイル)、購入前に弾いて音を聴いたり試すという事が難しかった。その為Sireのベースのサウンドを聴くには、購入した人がYoutubeなどにアップしている演奏動画を見るなどの手段しか無かったのである。ただそういったレビュー動画ではSireのベースに関して絶賛の声が多く、気になる人も多くいたように思える。(実際筆者アカギもその1人です)

…といった感じでしょうか。かねてからのそういった噂からSireさん(勝手に名前にしました)からただものではないオーラがプンプン出ていたのです。笑
なので当社・当店で取り扱いが決定した時は師範代アカギも跳ねて喜びました。笑
「めっちゃ気になってたSireが弾ける、試せる!」と…。
そしてこればっかりはベーシストの皆さんの中に気になる方も多いでしょうから、今回こういったレビュー記事を作成しようと思った次第であります!
さてやっとこさここからレビューになります!

弾いてみました

画像
(喋ってる途中に撮られました。え、こんなんで大丈夫?と言ってます)

率直な感想は…
え、これほんとに10万以下で買えるの?
ぼく、買う買う!

って感じです。笑
ほんとにコスパが良くて、噂で聞いていた以上のクオリティだと感じました!
まずやっぱりシンプルに音が良いです。ただ誤解を恐れずに言うと比較的好みの分かれる音色です。
ただSireについて興味を持たれる方はやっぱりマーカススラップ奏法を使用されることが多いでしょうから、そういった方はこのサウンド大好きだと思います。
お伝えするの忘れてましたがこのアクティブサーキットは18V駆動。様々な18V駆動のベースサウンドを聴いてきましたがその中でもかなりず太くパワフルなサウンドです。
驚いたのがパッシブにしても使える音であること、またコントロールの多さが物語っているように手元のセッティング次第ではかなり幅広い音色を出すことが出来るということ。
全然スラップ以外でも使えました

ベース本体の重量もそこまで重いという印象は無く、個人的には弾き易さも○でした!

また細かな部分では、これは弦交換の時の写真ですが
画像

見えにくかったらごめんなさい!弦の表通し・裏通しどちらもOKなスタイルなんですね~。
これもこの価格帯のベースではあまり見かけません。ベーシストにとっては嬉しい仕様です。

そしてそしてまた細かなポイント…
画像
付属のケースがウルトラしっかりしている!!
これもとてもとてもありがたいことでございますが、写真では伝わりにくいですね…笑

お値段やスペック的な部分での詳細はこちらへどうぞ!

実物を見て触ることができるのは、かなりレアな機会ですので皆さま是非お店まで触りに来て下さいね!

お待ちしております!

お問い合わせはこちら

店舗 イオンモール泉南店
担当 赤木(あかぎ)
電話番号 072-480-4060

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。