リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その66~フレット交換の巻!

みなさまこんにちは!

リペアマン遠藤です!

この前のブログで私の車がどうこう言っておりましたが、最終的にアクアからN-WGNに買い換えました。

N-WGNユーザーの方々、宜しくお願い致します。

10月は仕事で札幌へ出張も行ってましたのでかなり慌ただしかったです…

来月も出張で11/8~11/11は不在になりますのでブログ最後のカレンダーでご確認下さいませ。


では本題に入りましょう~

まずはこちらをご覧下さい。

すごくフレットがボコボコですね…

私が数年店頭リペアを続けて感じていた事なのですが、フレットがボコボコの状態のまま弾いている方がかなり多いなぁと今更ながら実感しました。

ちなみに先程の写真の状態だとフレット交換必須になります。

仮にこの状態のままフレットすり合わせをすると、凹んでいる一番低い箇所に高さを合わせる事になるのでフレットがぺったんこになります。それはとても弾きづらくなるので勧めません。

フレットが少し凹んできた程度であればすり合わせで対処する事が出来ますが、がっつり凹んでたら交換です。

どちらのリペアをすべきかは私が判断しますのでフレットの凹みが気になる方はリペアブースへお持ち込み下さい。

フレットの凹みは単純にビビりの原因になりますし、チョーキングすると音切れしやすくなります。

そして押弦時に凹みの部分に力が集中しやすくなるのでどんどん削れやすくなるんですよね。

フレットボコボコ状態をそのままにしている方が多いと感じていたのでちょっとした注意喚起でした。

フレット交換については過去にも書いているので詳細はそちらを参照して頂き今回はダイジェストで作業を見ていきましょう。

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その53~ステンレスフレット交換の巻!


フレットを抜いて指板修正。かなり弾き込んだ指板ですね…

フレット打ち~サイド処理。今回は同サイズのニッケルフレットを打ちました。

最近ステンレスフレットばかり打っていたのでニッケルフレットの作業性の良さが際立ちました。

フレットすり合わせ~仕上げ。

ピカピカですね。そして精度よく仕上がりました。


完成です!

美しいフレット…

いいですね!これからもたくさん弾いてあげて下さい!



いかがでしたでしょうか?

フレットのコンディションは演奏性においてとても重要です!

お悩みでしたらぜひお気軽にご相談下さい!


以上、リペアマン遠藤でした!

またお会いしましょう~



※常駐時間のご案内

11:00~19:30

不在の場合もあるので事前にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器仙台ロフト店
電話番号 022-264-9333
担当者 遠藤

リペア定休日

※「赤」リペア定休日となります。

その他の「リペアマン遠藤のギターリペアブログ」を読みたい方はこちら!

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ一覧!

島村楽器仙台ロフト店 ギター修理受付に関して

仙台ロフト店ギターリペアスタッフ常駐、店頭での楽器修理受付について

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。